抗がん剤の副作用を知るサイト

癌治療に用いられる抗がん剤の副作用とは

抗がん剤の副作用を知りたい人のために、
化学療法で使われる薬の概要と副作用を調べてまとめました。
また、副作用が心配な方々を中心に、近年注目されている遺伝子治療や免疫療法といった
先進医療についても分かりやすく説明していますので、
興味のある人は参考にしてみてください。

副作用を心配する人が
選んでいる癌治療

遺伝子治療は近年注目されているがん治療で、副作用や身体への負担が少なく、がんの早期発見や未然に防ぐ効果も期待できる治療法です。免疫療法はその他の癌治療の効果をアップさせる働きがあり、遺伝子治療との併用にも期待が高まっています。漢方薬は補完代替医療とされています。

遺伝子治療

がんは遺伝子が傷ついたり異常が発生することによる病気であることに着目。正常な遺伝子を、がん細胞や周辺の細胞へ導入することで、がん細胞を自死(アポトーシス)へ導く治療法です。

免疫療法

体内に侵入した異物を取り除くために、誰もが備えている免疫力をアップさせて治療に役立てようとするもので、3大治療にくわえて「第4のがん治療」と呼ばれ、注目が高まっています。

漢方薬

免疫力や栄養、代謝といった身体の機能に働きかけて、がんに対抗しようとする治療法。他療法をサポートしたり、副作用を軽減するなどの目的や症状に応じて、さまざまな漢方薬が使用されます。

抗がん剤によるおもな副作用一覧

吐き気・嘔吐

消化管粘膜が抗がん剤により刺激を受けたり、嘔吐中枢が刺激されることで吐き気がでる場合があります。一般的に制吐剤の併用によって対処をしますが、高い制吐作用を備えた薬剤も出ているため、近年は吐き気で苦しむ副作用は減ってきているといわれています。

白血球・血小板減少

抗がん剤は骨髄抑制が起こるものが多く、骨髄でつくられている白血球・血小板の減少につながるケースがあります。白血球が減少すると抵抗力・免疫力がダウンして、感染症が起こりやすくなるうえに重症化も懸念されます。

脱毛

毛根は代謝が早い組織であるため、抗がん剤による影響が強く出てしまうことが多いようです。

下痢

腸の働きが活発になりすぎて起こる下痢や、大腸における水分の吸収が悪くなって発生する下痢などがあります。

しびれ

末梢神経障害によってしびれが出るケースです。手足の感覚がなくなる、電気が走ったようなピリピリした感覚があるなど症状はさまざま。

出血

血小板が減ることで出血しやすくなります。肺や脳、腫瘍部から出血することもあるため、特に注意が必要です。

がん細胞を死滅させたり抗腫瘍作用がある各種の抗がん剤ですが、効果が高い分、副作用が強いものも多いのが現実。
そのようななか、がんと上手に付き合っている人たちが取り入れているのが遺伝子治療や免疫療法などの先進医療や漢方薬による補完代替医療です。

先進医療を検討している方が増えています

がん治療の主流は、「外科手術」、「抗がん剤治療」、「放射線治療」の標準治療と言われる3つの治療法。最近はこの3大治療に新しい治療法をプラスして“もっと積極的にがんに立ち向かおう!”という患者さんが増えています。それは、欧米で研究が進められている、遺伝子治療や免疫療法などの先進医療と言われる新しい治療法を取り入れるクリニックが日本でも増え始めているからです。

遺伝子治療や免疫療法などの先進医療遺伝子治療や免疫療法は、抗がん剤治療や放射線治療のような激しい副作用がなく、体への負担が少ない治療法として注目されています。このように、がん治療は日々前進していて、標準治療以外の選択肢を多く持てる時代となっているのです。

しかし、治療の選択肢が増えているのと同時に、選択する際の判断の難しさにも直面してしまいます。遺伝子治療や免疫療法などを行っているクリニックは千差万別で、同じ名称であっても治療内容はそれぞれのクリニックによって異なっています。自分の病状に合っているか、治療費用は適切かなどを、自分の目できちんと確かめなければなりません。

遺伝子治療や免疫療法を行っている医療機関そこで、関東近郊で遺伝子治療や免疫療法を行っている医療機関をいくつかピックアップし、治療内容やクリニックの概要などをまとめてみました。それらの情報を比較して、自分の病状やライフスタイルに合ったクリニックを見つける参考になさってください。

安心して遺伝子治療・免疫療法が受けられるクリニック一覧

UDXヒラハタクリニックのHP画像

UDXヒラハタクリニック

クリニック内にラボを設け、詳細な遺伝子検査と患者さんに合わせたワクチンの作製を院内で行う日本で唯一の医療機関。発生した腫瘍だけでなく、がん予防としての効果も高い。

プルミエールクリニックのHP画像

プルミエールクリニック

NK-T細胞やNK細胞など4種類の免疫細胞をバランスよく培養して投与する“星野式混合型リンパ球療法”がメイン。これに樹状細胞療法や温熱療法などを組み合わせて治療する。

がんのクリニックのHP画像

がんのクリニック

こちらのクリニックで行っている免疫細胞療法は、がん細胞を殺傷する能力の高いナチュラルキラー細胞(NK細胞)を培養して体内へ戻す高活性化NK細胞療法がメイン。

セレンクリニックのHP画像

セレンクリニック

セレンクリニック東京では、樹状細胞を培養したワクチンを投与することで、がん細胞に対する免疫力を上げる「樹状細胞ワクチン療法」という免疫療法を行っている。

さくらクリニックのHP画像

さくらクリニック

がん抑制遺伝子を含む治療用タンパクを点滴で投与する治療を行う。全てのがん細胞へ効率良く遺伝子を届けることができるように、遺伝子運搬用のベクターにも工夫している。

東京シナジークリニックのHP画像

東京シナジークリニック

がん細胞が発生していると変異していることが多いという「p53」という遺伝子をベースに、いくつかのがん抑制遺伝子を組み合わせ、ワクチンとして投与する治療法を行う。

【免責事項】このサイトで紹介している情報は、抗がん剤の副作用を知りたい人のために管理人が独自に調べた内容です。現在使用している薬や代替医療について詳しく知りたい人は、必ずかかりつけの医師にご相談ください。