漢方薬

免疫力アップ効果が、癌の代替医療で注目されている漢方薬。様々な作用を調査した結果をまとめました。

癌(がん)に対する漢方薬のはたらき

癌(がん)に対する漢方薬のはたらき近年、癌(がん)の治療に対する漢方薬のはたらきが注目されています。

漢方薬は、直接的にがんを攻撃したり、病巣を除去することを目的とした治療法ではないため、がんに対する直接効果が大きいとは言えません。ですが、免疫力や栄養、代謝といったさまざまな機能に働きかけ、がんに対抗しようとする治癒法は有効だと考えられています。

以下では、漢方薬のがんに対するはたらきについて、その目的別にまとめてみました。

免疫力をアップさせて、がん細胞を抑制する!

漢方薬によって、血液の中で免疫を担当する細胞「マクロファージ」や「リンパ球」などに刺激を与え、がんへの攻撃力をアップさせることができると言われています。

さらに、これらの細胞に働きかけて「サイトカイン(免疫力を活性化させる作用やがん細胞を殺傷する作用を持つ)」と呼ばれる生理活性物質の生成を促進させることもできると考えられています。こういった作用が期待できる漢方薬として挙げられるのは、「十全大補湯」「小柴胡湯」「人参湯」などです。

他療法の副作用を軽減する!

手術をした後の身体の回復力を高めるのに、「補中益気湯」や「十全大補湯」が有効にはたらくと言われています。

また、抗がん剤治療による食欲不振や吐き気、白血球減少といった副作用には、「補中益気湯」「半夏瀉心湯」「人参養栄湯」などが効果を発揮するとも。さらに、放射線治療による血尿や血便といった副作用に対しては「小柴胡湯」が効果的と考えられています。

その他にも、下痢や吐き気といった胃腸症状に関しても、漢方薬の作用が有効に働くと言われています。

他療法をサポートする!

漢方薬によって、手術や抗がん剤など、他治療の効果維持、再発予防、また体力回復などが期待できます。

全身の状態を改善へ導く!

がんを一度患うと、がんの転移とは直接関係なく、がんが増殖しやすい体内環境が作られてしまうのではないかという考えがあります。

具体的には、疲労や体重減少、食欲低下などをはじめ、むくみや貧血、体力ダウンといった症状が徐々に起こり、末期の悪液質となる方向へ進んでいってしまうことなどが想定されます。

漢方薬の服用は、こういった全身の状態を改善へと導き、がんの増殖に不適切な身体の状態を作り出す、という作用が期待できると言われています。

末期がん症状の苦痛を緩和させる!

末期がんの人は、さまざまな苦痛を訴えられます。がんの疼痛には、神経ブロックや経口モルヒネといった対処法が確立されていますが、漠然とした身体の不快やだるさ、痛み、食欲不振や精神的なイライラといった症状に対しては、漢方薬の効果が期待できると言われているのです。