遺伝子治療

副作用を心配する人から注目されている癌の治療法・遺伝子治療について解説します。

がんを根本治療する遺伝子治療とは

副作用が少なく、がん細胞を減らす効果が高い最新の治療法として注目されている「遺伝子治療」。元々は先天性の難病を治療する目的で研究が始まったのですが、現在ではHIVやパーキンソン病、悪性腫瘍などを改善するために臨床研究が進められています。

そもそも悪性腫瘍とは、傷ついた遺伝子や異常な遺伝子がダメージを受けた細胞を修復できなくなってしまうことによって、異常な細胞(=がん細胞)がたくさん発生・増殖する病気です。

遺伝子が原因で起こる病ですから、正常な遺伝子に戻してあげることができれば、がんは自然に消えてしまうはず。そこで、正常な遺伝子をがん細胞や周辺の細胞に局所的または全身投与する遺伝子治療が考え出されたのです。

がんの遺伝子治療の流れ

がん治療といえば、がんを摘出するための手術が一般的。既に進行し過ぎて手術ができない場合は、再発防止のために手術と併用して行われるのが、抗がん剤治療や放射線療法です。

これらはそれぞれ確かな効果があり、現在のがんに対するスタンダートな治療方法となっています。しかし一方では、副作用や後遺症などのリスクが高いのも事実です。また、発見するのが遅れてしまい、末期がんを申告された患者さんに対しては、治療してもあまり効果が期待できません。

そんな中、効果が高い最新の治療法として登場したのが「遺伝子治療」です。

治療の流れは、まず患者さんの脊髄から幹細胞を取り出し、その細胞を特殊な方法で増殖。それを元に作られた治療用のウイルスを、点滴などで体内に注入します。体内で正常な遺伝子が働き、今まで作られなかったタンパク質がつくられ、病気を治すというものです。

この治療法の最大のメリットは、抗がん剤のように正常な細胞にダメージを与えないため、吐き気・脱毛・骨髄抑制といった副作用がほとんどないという点。このためほかの治療法に比べ安全性が高く、しかも末期がん宣告された患者さんにもこの治療法が使えます。

また、がん細胞に対して独特のアプローチをするため、他の治療と一緒に行うことも可能。抗がん剤や放射線などと併用することで、いろんなアプローチからがん細胞に攻撃できます。

しかしデメリットもあります。現在の段階ではまだ健康保険が適用されず、高額な治療費がかかること、まだ成功例が少なという点がデメリットといえます。

理論上は優れている遺伝子治療ですが、しかし治療用の遺伝子を体内で思うようにコントロールすることが困難な状況。確立した治療法になるのにはまだ時間がかかりそうです。

いま、遺伝子治療を実用化するため、多くの研究者が遺伝子を的確にコントロールする技術を研究しています。近い将来には、安全かつ低リスクながん治療方法として確立される日もそう遠くないかもしれません。

早期発見やがんを未然に防ぐ効果も期待できる

癌は初期の段階での自覚症状があまりなく、頻繁に定期検診を受けている人以外は早期発見が難しい病気で、発生したばかりの腫瘍や目に見えない癌細胞は発見できずに進行してしまうケースも多いです。

そのため、癌の標準治療はある程度の大きさの腫瘍が発見されてから始まることが多く、第一選択と言われる外科手術は、目に見えるサイズの腫瘍となってからしか治療が行えません。

病気は、早期に治療を開始することが完治への何よりの近道。がんにおいても早期発見&治療が最も重要なのにかかわらず、標準治療はそれにあまり適していません。

しかし遺伝子治療の場合は、血液中を流れる異常な遺伝子を頼りに、目に見えないごく初期のがんも発見でき、治療することが可能。がんが発生すると正常に働かないがん抑制遺伝子や異常な遺伝子が血液中に増えるので、血液検査によってがん細胞の有無や発生している部位、悪性度などが分かるのです。

それどころか、遺伝子検査を受けると、まだ発生していない腫瘍までもチェックすることができ、がんを未然に防ぐこともできるそうです。

副作用がほとんどなく体の負担が少ない治療法

遺伝子治療は、検査によって異常の見られる遺伝子の種類を特定し、正常な遺伝子を導入する治療法です。細胞へ遺伝子を導入する方法として、症状に合わせた遺伝子で作るワクチンを点滴で投与したり、腫瘍部分へ局部注射するなどして投与します。

遺伝子治療は、放射線治療や抗がん剤治療とは異なり、がん細胞だけに作用して正常な細胞への影響が少ないと言われています。周辺の細胞を傷つけないので、副作用が少ないわけです。しかも、点滴や注射で投与するだけの治療法なので、外科手術などと比べると患者さんの身体への負担も少なくて済みます。

このように、遺伝子治療は副作用や体への負担がほとんどなく、これまでのがん治療につきものの“苦しい”“辛い”といったイメージを覆す、新しいタイプの治療法なのです。

外科手術との比較

物理的にがんの病巣を取り除く外科手術治療は、がんの大きさや他部位への転移具合などにより適合するかどうかが判断されます。外科手術には、縫合部からの観戦、無気肺、出血、肺炎などの合併症のリスクが起こることがあります。がん治療やがんの進行により体力が低下している場合には、こうした合併症が起こりやすく、体への負担という点では心配されるポイントです。[1]

放射線治療との比較

放射線治療は、がん細胞に人工的に作り出した放射線を照射し、がん細胞を死滅させる治療方法です。放射線治療は、がん細胞だけでなく正常な細胞にもダメージを与えてしまうため、副作用のリスクがあります。遺伝子治療との大きな違いは、正常な細胞にダメージを与えるかどうかという点と言えるでしょう。[2]

抗がん剤治療との比較

抗がん剤は、副作用がある薬というイメージが真っ先に浮かぶ方もいらっしゃるかもしれません。抗がん剤はがんを殺す能力を持った薬で、他の薬と比べて副作用が強く出やすいことは否めません。しかしながら、副作用の程度や症状には個人差があり、相性の良い抗がん剤を探すことも大切です。

[1]出典: 国立がん研究センター がん情報サービス「手術のことを知る」

[2]出典: 国立がん研究センター がん情報サービス「放射線治療の実際」

[3]出典: 国立がん研究センター がん情報サービス「薬物療法(化学療法)」

本当に抗がん剤治療は大変なの?

そもそも抗がん剤には、大きく分けて細胞障害性抗がん剤(抗悪性腫瘍薬)と、分子標的治療薬に分けられます。いずれの薬も正常な細胞も攻撃してしまうことから副作用が出てしまうことは避けられません。ただ、近年開発が進んでいる、分子標的治療薬タイプの抗がん剤は、効率よくがんに特異性が高い標的に作用することから、副作用が低減させられることが期待されています。

このように、抗がん剤と一口に言っても副作用の出方や程度は様々。また、人によって副作用の出方も異なります。医療技術の進歩によりより副作用の少ない抗がん剤も登場し始めていますから、積極的に情報収集やセカンドオピニオンなどを集め、自分にあった抗がん剤を見つけてみましょう。

 

種類によって違う抗がん剤の副作用

様々な種類がある抗がん剤。種類ごとにどんな副作用があるのかをチェックしてみましょう。細胞障害性抗がん剤(抗悪性腫瘍薬)として用いられることのある、アルキル化薬、白金化合物、トポイソメラーゼ阻害薬、抗がん抗生物質の効果や主な副作用を以下のページでまとめています。また、分子標的薬の副作用医はどんなものがあるのか、現段階ではどのように処方され、治療に活用されているのかなども解説します。まずは抗がん剤について知識を深めましょう!

 

抗がん剤の副作用の時期はいつなのか

抗がん剤治療をスタートする際に気になるのが、副作用は一体いつ頃出始めるのか、という点かもしれません。抗がん剤の副作用は、「すぐに出る副作用」「投与後1週間ごろに出る副作用」「投与後1〜2週間で出る副作用」「投与2〜3週間ごろに出る副作用」と段階によって少しずつ異なります。

投与してすぐに出る副作用には、アナフィラキシーショックがあり、投与後30分程度で現れることがあるため、慎重な経過観察が必要です。髪の毛が抜けるなどの副作用が出始めるのは、抗がん剤投与後2〜3週間とされています。

 

抗がん剤の副作用対策~脱毛はどうすればよいか~

抗がん剤による副作用で髪の毛が抜けてしまうことは、患者さんの精神的負担も大きい症状です。脱毛を予防することはできませんが、抗がん剤全てで脱毛が出るわけではありません。

脱毛を予防することはできませんが、治療前に髪の毛を短くしておく、医療用ヘアウィッグを活用するなど見た目をカバーするための対策は可能です。最近では医療用ウィッグも一見してウィッグとはわからないクオリティのものもあります。病院や、いつも通っている美容室などで相談してみるといいでしょう。

 

抗がん剤の副作用対策~嘔吐はどうすればよいか~

抗がん剤の副作用として見られることが多い吐き気や嘔吐。抗がん剤の化学物質が血中から体内に入り、嘔吐中枢を刺激することで引き起こされる副作用です。がん治療に取り組む患者さんの生活の質(QOL)が重視される中、嘔吐という副作用は日常生活にも支障をきたしてしまいます。嘔吐症状が出やすい副作用には、シスプラチンやエンドキサンなどの抗がん剤があります。また、キロサイド、イリノテカンなどの抗がん剤も中等度の発言頻度と言われています。

 

急な下痢の対処法~抗がん剤の副作用対策~

抗がん剤の中でもイリノテカンやシタラビン、メトトレキサートなどは下痢を起こしやすい抗がん剤と言われています。抗がん剤治療中の下痢は、苦痛はもちろんのこと、体力低下などの原因にもなってしまいます。抗がん剤がなぜ下痢という副作用を引き起こすのか、副作用に対してはどんな対策方法があるのかについて解説します。抗がん剤治療を受ける際には、ぜひ参考にしてみてください。

 

体験者から薬の副作用を教えてもらおう

個人差があるから…と言われても、やはり心配な抗がん剤の副作用。実際に抗がん治療で抗がん剤治療を受けた方の声を知っておけば、心の準備もできるでしょう。使った抗がん剤や、抗がん剤の副作用の程度、どんな風に副作用を乗り越えたのかなど、先輩たちのアドバイスをチェックしてみましょう。体験者の声と併せて、主治医に「どんな副作用が起こり得るのか」などもきちんと確認しておくと安心です。

主ながん生存率比較 (ステージ1〜4の合計)

  全体の治療成績 (手術、化学療法、放射線治療など何らかの治療を行った場合) 化学療法治療“のみ”を行った場合の相対生存率
胃がん 1年生存率 88.2%
2年生存率 80.9%
3年生存率 77.5%
4年生存率 75.6%
5年生存率 74.5%
1年生存率 72.2%
2年生存率 51.4%
3年生存率 41.1%
4年生存率 36.9%
5年生存率 33.8%
大腸がん 1年生存率 93.0%
2年生存率 86.5%
3年生存率 81.6%
4年生存率 78.2%
5年生存率 76.0%
1年生存率 90.3%
2年生存率 76.7%
3年生存率 68.5%
4年生存率 61/9%
5年生存率 58.6%
肝がん 1年生存率 73.1%
2年生存率 60.5%
3年生存率 49.8%
4年生存率 41.9%
5年生存率 35.3%
1年生存率 63.2%
2年生存率 45.2%
3年生存率 33.8%
4年生存率 24.5%
5年生存率 19.1%

出典: 全がん協加盟施設の生存率共同調査「全がん協生存率」

単純にがんの生存率を抗がん剤治療(化学療法)のみの治療を行った場合の生存率と、抗がん剤治療に限らず様々ながん治療を受けた場合の生存率を比較すると、後者の方が生存率が高くなっています。

ステージが早い段階では手術により腫瘍を切除する治療の予後が良いこと、抗がん剤治療は外科的治療が難しい場合に選択されることがあること。さらに、一般的にがん治療は抗がん剤治療のみではなく、様々な治療法を組み合わせて行うことなどが、上記の数字となっている理由として考えられます。

また、抗がん剤の副作用の回復期間は、症状によって異なります。がん研究振興財団パンフレット「抗がん剤治療を安心して受けるために」では、アレルギー反応や吐き気。嘔吐、発熱などは治療日に。1週間以内に食欲不振や下痢、嘔吐、吐き気が、1〜2週間後に口内炎や下痢、食欲不振、胃もたれが、3〜4週間後に脱毛や手足のしびれなどが副作用として起こる時期として紹介されています。

出典: 国立がん研究センター がん情報サービス「薬物療法(抗がん剤治療)のことを知る」

癌の遺伝子治療の費用について

注目されているがんの遺伝子治療ではありますが、気になるのが費用に関することです。最先端のがんの治療法ということもあり、保険の適用外となるケースがほとんどとなります。そのため、治療費が高額になるのは避けられません。

具体的にどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

遺伝子治療費用

一般的には250~300万円程度が相場となるでしょう。 末期がんの場合はどうしても高額の治療費が必要となります。

これには基本手技料のほか、検査料なども含まれていますが、病院によって宿泊費が含まれていないケースもあるので注意しておかなければなりません。提示された金額にどこまで含まれているのか、それ以外でかかる費用は何なのかという点についてもよく話を聞いておきましょう。

ただ、具体的にどのような治療を行うかは患者さんの状態によっても異なってくるので、必ずしも「○○円ほどの費用がかかる」とはいえません。一人ひとりの体調や状態を考慮した上でオーダーメイド方式で治療を行っていくことになります。

そのため、治療費も違いがあるのです。

また、1クール目の費用に比べると、2クール目以降の方が料金が安くなる病院も少なくありません。これは、1クール目で行うアレルギー反応確認などが2回目以降は不要になることも大きく関係しているでしょう。

それから、何クール分かまとめて契約をしておくと安くなるところもあります。もちろん、病院によって違うがあるので一概には言えません。

オプション費用

遺伝子治療を行う中で、オプションが用意されているところもあります。

例えば、他の治療法や注射を併用して治療を行っていくケースもあるのです。もちろん、遺伝子治療を単体でも選択可能な病院が多いのでよく相談してみてくださいね。

注意しなければならないのが、オプションを含めると総合的にいくらの費用がかかるのか正しく理解できていない方が多いということ。がんの治療では高額な治療費を支払うことになるので、この点は気を付けておかなければなりません。

それから、オプションを利用する場合に遺伝子治療単体を選択した場合には必要なかった追加検査が必要になる場合もあります。するとそちらの検査費用も発生する形になるので気をつけておいてくださいね。

費用についてわからない事があったら理解できるまで説明を求めましょう。

医師に費用について質問をする際には聞きたいことを事前にメモにまとめておくのがおすすめです。

  • 総合費用はいくらかかるのか?
  • 治療をする中で追加費用がかかることはあるのか?
  • 予定よりも安く済むことはあるのか?
  • 支払い方法の選択肢はなにがあるのか?
  • 支払いはいつまでに行えばいいのか?

このように具体的な質問をすると医師も答えやすくなります。医師は患者がなにをどのように疑問に感じているかすべてわかるわけではありません。質問をしないと理解しているのだと勘違いされてしまう可能性があります。

質問をするのは失礼なことではないので、積極的に聞いてみてくださいね。医師に聞きにくい場合は看護師に質問をしてもかまいません。

治療費の支払について

一般的にがんの遺伝子治療を行う場合、治療費はワンクール単位で支払をするケースが多いです。前払いが基本となってはいますが、どの病院で治療を受けるかによっても対応は異なるのでよく確認しておきましょう。

また、前払いで支払を行った場合、途中で何らかの問題が発生して遺伝子治療を継続できないことがわかったとしても返金は受けられない可能性が高いです。

医療費控除制度の対象

ご紹介したいようにがんの遺伝子治療費用は安いとは言えません。そのため、どうしても検討できずにいる方も多いでしょう。しかし、遺伝子治療は自由診療となり、医療費控除制度の対象となるのです。

医療費控除制度とは、多額の医療費を支払ったとしても確定申告を行うことにより所得税が還付される制度のことです。

具体的に言うと、その年に支払った医療費の総額から保険で補填されたぶんを引き、更に10万円(所得が200万円未満の方は所得5%)を引いた額が医療費控除額となります。控除できる金額の上限は200万円となっていますが、確定申告を行うことにより医療費控除額に所得に応じた税率を掛けた金額が戻ってくるのです。

遺伝子治療を受けようと思った場合は病院で医療費控除制度についても話を聞いてみましょう。

がんの問題に加え、お金の問題まで発生することになると精神的にも疲れ果ててしまいます。費用に関する説明がわかりにくかったり、親身になって相談に乗ってくれない病院を選択すると精神的に更なるストレスを感じることもあるかもしれません。

一つひとつの受け答えや説明がわかりやすく、患者に寄り添って心までサポートしてくれる病院で治療を受けましょう。

遺伝子治療を行っている、都内のクリニックはこちらから>>

遺伝子治療を行っている医院・クリニック

UDXヒラハタクリニック

「がん遺伝子診断・治療研究所」をクリニック内に持ち、独自の遺伝子治療技術の研究にも取り組んでいるクリニックです。127種類の遺伝子を同時に検査できる、マルチプレックスシステムを使ったがん診断などにも対応。遺伝子治療に加えて、免疫治療にも取り組んでいます。

院長の平畑徹幸医師はアメリカのイーストカロライナ大学医学部の血液腫瘍科でリサーチフェローを務めたのち、ヒラハタクリニックを開設。その後、現在の秋葉原に、研究所とクリニック併設型の専門医療機関としてハイクオリティな遺伝子治療の機会を提供しています。

UDXヒラハタクリニックでは、遺伝子治療を通院で行うことができます。対応ステージは、初期ステージから進行がんまで幅広く、がん発症前に遺伝子検査で2〜5年以内のがんリスクを調べることもできます。

内科と皮膚科の保険診療にも対応していますから、保険診療でカバーできる部分は保険診療が適応できる点は嬉しいところです。

  • 住所:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル6F
  • アクセス:JR秋葉原駅電気街口徒歩2分
  • 診療内容:遺伝子検査・遺伝子治療(自由診療)、内科・皮膚科(保険診療)
  • 治療費用:【DNAワクチン】サイトカイン遺伝子治療/675,000円(1回あたり)

さくらクリニック

がん抑制遺伝子を点滴により投与するがん遺伝子治療を行っている「さくらクリニック」は、東京都渋谷にある病院です。

さくらクリニックのがん遺伝子治療は、副作用も少なく、がん細胞を正常化させるアプローチであらゆる患者さんに適応できます。また、クリニックには、幹細胞治療を行う設備も整っており、がん治療以外にアンチエイジング、糖尿病などの治療も受けられます。

当然ながら、遺伝子治療はさくらクリニックでも自由診療。費用はそれなりにかかりますが、治療継続の判断は1クールごとに行うよう配慮してもらえます。

  • 住所:東京都渋谷区渋谷1-16-9 渋谷KIビル3F
  • アクセス:JR渋谷駅東口より徒歩5分ほど
  • 診療内容:遺伝子治療、幹細胞療法
  • 治療費用:初回治療¥1,500,000~(税別)(治療技術料+治療タンパク費/ 6回~11回 点滴)

その他の治療法との比較

外科手術との比較

治療期間

外科手術はがんのステージ、大きさ、部位にもよりますが、基本的には入院前は外来治療。加えて手術の2日ほど前から入院し、手術を行います。手術後の経過は、患者さんの体力や手術で病巣を全部取りきれたかによっても大きく変わります。そのため、一概には言うことができません。

また、外科治療の多くが、抗がん剤や放射線治療とセットで行うことが多いため、トータルでかかる治療期間は人それぞれと言わざるをえないでしょう。

一方、遺伝子治療は基本的に治療前の検査が終わった後は、約2ヶ月1クールの治療を基本として考えます。

1クール終了ごとに、腫瘍の縮小率などを確認し、治療方針を決定します。

治療費

がんの遺伝子治療は公的医療保険の適用外となるため、1クールあたり100万円以上の治療費が必要となります。

その点、がんの外科手術は、基本的に治療費用は医療保険の適用範囲。高額医療費制度などを活用すれば、入院費などを考えたとしても遺伝子治療と比べて安く済みます。

出典: 国立がん研究センター がん情報サービス「手術療法を受ける方へ」(2018年7月13日確認)

放射線治療との比較

治療期間

放射線治療は、がんの大きさやステージなどに合わせて5回1クール(1週間)を複数セット行います。治療後は、一定期間ののち、腫瘍の縮小度合いなどをチェックし、その後の治療方針を決定します。

その点では、遺伝子療法とそれほど大きな違いはありません。

治療費

基本的に放射線治療は、陽子線治療など先進医療として研究中の治療法以外は、医療保険の適用となります。

そのため、遺伝子治療と比べて、治療費は安くなります。

出典: 国立がん研究センター がん情報サービス「放射線治療の基礎知識」(2018年7月13日確認)

抗がん剤治療との比較

治療期間

抗がん剤治療は、抗がん剤治療単独で行う場合と、手術や放射線治療を組み合わせて行うケースがあり、治療期間は一概には言えません。

治療期間は患者さんによっても異なります。遺伝子治療の治療期間と比較したい場合には、ご自身のケースでは、治療期間がどのくらいなのかを主治医に確認する必要があるでしょう。

治療費

抗がん剤治療は、新薬ではない限り、医療保険の適用となりますので、遺伝子療法よりも安いことが多いでしょう。

ただし、抗がん剤によっては、医療保険が効かない薬もあり、その場合には非常に高額な治療費がかかることがあります。

出典: 国立がん研究センター がん情報サービス「薬物療法(抗がん剤治療)のことを知る」(2018年7月13日確認)