免疫療法

第4のがん治療といわれる免疫療法を調べました。概要や期待される効果、療法の種類などをまとめています。

がんの免疫療法にはどんなものがあるのか

いわゆるがんの3大治療(手術・放射線・抗がん剤)に加えて、第4のがん治療として注目を集めているのが「免疫療法」です。

免疫療法の「免疫」とは、体内へ入ってきた異物に対抗するために、私たちが生まれた時から持っている能力。これを最大限にアップさせて、がんの治療に役立てようとするのが「免疫療法」になります。

免疫療法は、身体が本来備えている免疫力を利用して、がんに対抗する治療法であるため、副作用の心配が少ないという点が特長です。

現在、国内のさまざまな医療機関で免疫療法に関する研究が行なわれるなど、がんの再発予防や3大治療を補うのに役立つ治療法として期待されています。

進行がんの緩和医療という面でも、その有効性が報告されており、今後ますます需要が高まっていくのではないでしょうか?

それでは、医療機関で実施されている主な2つの免疫療法について、概要を紹介します。

特異的免疫療法

がん細胞のみが持っている「特異抗原」を見つけて、それに対して攻撃をしてくれる免疫機能を活性化することで、がんに対抗する治療法です。

主なものとして、「ペプチドワクチン療法」「樹状細胞ワクチン療法」「腫瘍抗原ワクチン療法」「CTL療法」「TIL療法」といったものが挙げられます。

非特異的免疫療法

「免疫賦活薬」という免疫療法剤を使い、全体的な免疫力をアップさせることで、がんに対抗しようとする治療法です。

「NK細胞療法」「LAK療法」「サイトカイン療法」「BRM療法」「CAT療法」といったものが挙げられます。

がんの代替医療で使われる免疫療法を調査

免疫療法で考えられる副作用について

免疫療法は副作用の心配が少ないとご紹介しましたが、全くないわけではありません。そこで、考えられる副作用についてご紹介しましょう。

まずは、免疫療法で取り入れている薬はこれまで行われてきた治療で使うものとは別物です。そのため、実際に薬を使用して治療を行った場合、どのような副作用が起きるのかは100%判明していないといえるでしょう。

副作用が起きてしまったとしてもすぐに適切な治療を受けられるような状態で取り入れる必要があります。具体的にどのような免疫療法を取り入れるのかによっても考えられる副作用は違ってくるため、どこにどのような副作用のリスクがあるのかということを事前に医師や看護師によく確認しておいてくださいね。

具体的な副作用としては、疲れを感じやすくなったり、食欲不振に陥ることが考えられます。他にも発熱なども挙げられるので、こういった副作用について理解した上で治療を開始しましょう。実際に治療を始めた後も何らかの不調を感じたらすぐに医師に相談することが大切です。

特に注意しなければならないのが現在まだ国で承認を受けていない免疫療法を取り入れる場合だといえるでしょう。こういったものは国から安全性の確認がされていないだけでなく、効果についても確認を受けていません。

保険診療として認められておらず、自由診療扱いになるため治療を受ける際の費用も高額になりがちです。慎重に確認を行い、信頼できるもののみを検討するようにしましょう。

具体的には免疫抑制阻害剤やがんワクチン療法、エフェクターT細胞療法などが挙げられます。

免疫療法を受ける際におさえておきたいこと

近年注目されている第4のがん治療と聞くととても効果が高いものだと思いがちです。しかし、「何となく良さそうだから」という理由で安易に決めるのはおすすめできません。

免疫療法を検討している場合は、必ず事前に医師とよく話し合いをし、不安な点などがあればすべて納得できるまで理解してから治療に取り入れるかどうか決めましょう。

免疫療法を取り入れている病院は増えてきましたが、それでもまだまだが研究途中の段階にあります。現時点で分かっている効果やリスクについて確認することは非常に大切です。

免疫療法といっても様々な種類があり、どの治療法が向いているのかは人によって違います。実際に取り入れた場合にどのような変化が期待できるのかなどもよく確認してみてくださいね。

それから、医師から提案されている方法が自由診療にあたるのか保険適用になるのかも確認しておきたいポイントです。物によっては保険外併用療養費制度という制度が利用可能なものもあるのでよく確認しておきましょう。

がんの治療ということもあり、もしも全額治療費を支払わなければならない場合は高い費用がかかることになります。自由診療になる場合、総合的にどれくらいの費用になるのかも忘れずに確認しておいたほうが安心です。

免疫療法の費用について

免疫療法を検討する際に気になるのが費用の問題です。現在行われているがんの免疫療法は基本的に健康保険は適用されない自由診療にあたると考えておいた方が良いでしょう。

そのため、費用はかなり高額です。どの方法を選択するのかによってかかる費用は異なりますが、1クールでも300万円以上になるような治療法もあります。そのため、自分が治療に支払える費用についてもよく考えておく必要がありますね。

自由診療を受ける場合も確定申告をすれば医療費控除の適用が受けられます。これまで行われてきた手術・放射線・抗がん剤といった3大治療に比べると高い費用がかかりますが、支払える金額の範囲内で治療法を検討してくれるところもあるので、まずは信頼できる病院で相談してみましょう。

免疫療法を検討している方は、こちらのクリニック一覧もチェックしてみてください>>