免疫療法

第4のがん治療といわれる免疫療法を調べました。概要や期待される効果、療法の種類などをまとめています。

がんの免疫療法にはどんなものがあるのか

いわゆるがんの3大治療(手術・放射線・抗がん剤)に加えて、第4のがん治療として注目を集めているのが「免疫療法」です。

免疫療法の「免疫」とは、体内へ入ってきた異物に対抗するために、私たちが生まれた時から持っている能力。これを最大限にアップさせて、がんの治療に役立てようとするのが「免疫療法」になります。

免疫療法は、身体が本来備えている免疫力を利用して、がんに対抗する治療法であるため、副作用の心配が少ないという点が特長です。

現在、国内のさまざまな医療機関で免疫療法に関する研究が行なわれるなど、がんの再発予防や3大治療を補うのに役立つ治療法として期待されています。

進行がんの緩和医療という面でも、その有効性が報告されており、今後ますます需要が高まっていくのではないでしょうか?

それでは、医療機関で実施されている主な2つの免疫療法について、概要を紹介します。

特異的免疫療法

がん細胞のみが持っている「特異抗原」を見つけて、それに対して攻撃をしてくれる免疫機能を活性化することで、がんに対抗する治療法です。

主なものとして、「ペプチドワクチン療法」「樹状細胞ワクチン療法」「腫瘍抗原ワクチン療法」「CTL療法」「TIL療法」といったものが挙げられます。

非特異的免疫療法

「免疫賦活薬」という免疫療法剤を使い、全体的な免疫力をアップさせることで、がんに対抗しようとする治療法です。

「NK細胞療法」「LAK療法」「サイトカイン療法」「BRM療法」「CAT療法」といったものが挙げられます。

免疫療法を検討している方は、こちらのクリニック一覧もチェックしてみてください>>