免疫療法

第4のがん治療といわれる免疫療法を調べました。概要や期待される効果、療法の種類などをまとめています。

がんの免疫療法にはどんなものがあるのか

いわゆるがんの3大治療(手術・放射線・抗がん剤)に加えて、第4のがん治療として注目を集めているのが「免疫療法」です。

免疫療法の「免疫」とは、体内へ入ってきた異物に対抗するために、私たちが生まれた時から持っている能力。これを最大限にアップさせて、がんの治療に役立てようとするのが「免疫療法」になります。

免疫療法は、身体が本来備えている免疫力を利用して、がんに対抗する治療法であるため、副作用の心配が少ないという点が特長です。

現在、国内のさまざまな医療機関で免疫療法に関する研究が行なわれるなど、がんの再発予防や3大治療を補うのに役立つ治療法として期待されています。

進行がんの緩和医療という面でも、その有効性が報告されており、今後ますます需要が高まっていくのではないでしょうか?

それでは、医療機関で実施されている主な2つの免疫療法について、概要を紹介します。

特異的免疫療法

がん細胞のみが持っている「特異抗原」を見つけて、それに対して攻撃をしてくれる免疫機能を活性化することで、がんに対抗する治療法です。

主なものとして、「ペプチドワクチン療法」「樹状細胞ワクチン療法」「腫瘍抗原ワクチン療法」「CTL療法」「TIL療法」といったものが挙げられます。

ペプチドワクチン療法

ペプチドワクチン療法とは、がん細胞のみを殺す、がん特異的キラーT細胞と呼ばれる細胞を作り出してがんに対抗する治療法です。がん特異的キラーT細胞は、私たちの体に自然にできる細胞ではありません。がん抗原ペプチドががん細胞のみを攻撃するように、キラーT細胞を教育しなければなりません。ペプチドワクチン療法は、がんペプチドワクチンを注射し、体内のキラーT細胞の反応を促す治療法です[1]。

[1]

出典: 日本癌学会HP「市民公開講座_講演1 がんペプチドワクチン療法」

樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞ワクチン療法は、ペプチドワクチンと同じく、体内の免疫を強め、がんに対抗する療法です。樹状細胞とは、白血球に異物の情報を伝える細胞のことで、白血球とともに免疫細胞と呼ばれます。

樹状細胞による免疫療法が始まったのは1996年のこと。2000年には転移性の前立腺がんに対する治療方法としてFDAに認可されました。

[2]

出典:[PDF] 「樹状細胞を用いた免疫療法」耳鼻免疫アレルギー, 30(1),2012(PDF)

CTL療法

CTL療法(細胞傷害性リンパ球)療法とは、キラーT細胞を用いた免疫細胞療法です。具体的には、末梢血中にあるリンパ球をがん細胞による刺激で徐々に増殖、活性化させることで、患者さんそれぞれの抗腫瘍細胞CTLを作り出し、体内に注入する免疫細胞療法です。自己由来のがん細胞を体外で増やすため、培養に時間がかかる点、培養の成功率を高めていく点が今後の治療の課題となっています。

[3]

出典:[PDF] 「免疫細胞療法」日本補完代替医療学会誌,1(1),2004 (PDF)

TIL療法

免疫細胞療法のうち、キラー細胞Tリンパ球を体外で増殖・活性化させて治療に使う活性化自己リンパ球療法としてCTL療法と同じカテゴリーに位置するのがTIL療法です。

TIL療法は、リンパ球を腫瘍組織中から抽出する点がCTL療法との大きな違いです。T細胞が弱まった状態では、免疫が弱く、がん細胞により免疫を抑制させるよう促されているがん患者の体内で、T細胞を再び強める方法として培養腫瘍浸潤T細胞(TIL)を用いたところ、その効果が認められています。

[4]

出典:[PDF] 「3.細胞療法の可能性と限界2)がん免疫細胞療法の現状と展望―T細胞・樹状細胞療法―」日本内科学会雑誌,2007 (PDF)

非特異的免疫療法

「免疫賦活薬」という免疫療法剤を使い、全体的な免疫力をアップさせることで、がんに対抗しようとする治療法です。

「NK細胞療法」「LAK療法」「サイトカイン療法」「BRM療法」「CAT療法」といったものが挙げられます。

NK細胞療法

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)とはリンパ球にある免疫細胞の一つで、がんやウイルスなどに感染した異常な細胞を攻撃する非常に攻撃力の強い細胞です。NK細胞が発見されたのはキラー細胞であるTリンパ球よりも後のため、治療への応用はまだまだこれから。とはいえ、NK細胞がどこからも指令を受けず、がん細胞のみを見つけて攻撃する点が大きな特徴です。初期段階の生体防衛反応に関わっているNK細胞を用いた治療は、患者さんのNK細胞を体外で増殖させたのち、点滴などで再び体内に戻すことで行われます[5]。

[5]

出典:[PDF] 「3.細胞療法の可能性と限界2)がん免疫細胞療法の現状と展望―T細胞・樹状細胞療法―」日本内科学会雑誌,96(9)2007 (PDF)

LAK療法

LAK療法とは、癌腫瘍に非特異的に細胞障害活性を発現するLAK細胞(lymphokine-activate killer細胞)を用いた免疫療法です [6]。自己リンパ球からキラー細胞を誘導して、体内に再び戻してあげるLAK療法は期待が集まっていた一方でLAK細胞の活性は2〜3日と短期間で失われることや、肺などに取り込まれやすいことなどが特徴としてわかってきています。

[6]

出典:[PDF] 「LAK療法を中心とした免疫療法ほ現状」脳外誌,1(2)1992 (PDF)

サイトカイン療法

サイトカイン療法は、体内の免疫を強めることでがんに対抗する免疫療法です。日本でも、インターフェロンアルファ、インターロイキンを用いたサイトカイン療法が腎がんに。インターフェロンガンマを用いたサイトカイン療法が菌状息肉症などに承認薬として認められ、診療ガイドラインにも記載されるようになりました。

免疫治療の中でも標準治療になっている点は、ここまでご紹介してきた免疫細胞療法などとは大きく異なる点です。

細胞で作られる免疫や炎症に関わるタンパク質(サイトカイン)は100種類以上あり、インターフェロンやインターロイキンは、その一部です[7]。

[7]

出典: 国立がん研究センター がん情報サービス「免疫療法 もっと詳しく知りたい方へ」

BRM療法

サイトカイン療法と同じく、体内の免疫を強めるBRK療法は、免疫賦活剤による治療が膀胱がんへの治療として承認されています[8]。免疫賦活剤とは、特定の免疫細胞ではなく、体全体の働きの調節に影響する薬剤で、がん細胞を標的とするというよりは、がん細胞を治療するために体全体の免疫を高めるというアプローチのもと行われる治療です。

[8]

出典: 国立がん研究センター がん情報サービス「免疫療法 もっと詳しく知りたい方へ」

CAT療法

CAT療法とは、患者の血液から細胞障害性T細胞を取り出し、リンパ球を活性化させた後に再び点滴で投与してがんを排除する治療方法です。CAT療法で増やすのは、細胞障害性T細胞で、主にCTL細胞を増やし、がんの克服を目指します。体外で免疫細胞を活性化させてから再び体内に投与する点では、TIL療法などと同じカテゴリーに分類されます。

がんの代替医療で使われる免疫療法を調査

免疫療法で考えられる副作用について

免疫療法は副作用の心配が少ないとご紹介しましたが、全くないわけではありません。そこで、考えられる副作用についてご紹介しましょう。

まずは、免疫療法で取り入れている薬はこれまで行われてきた治療で使うものとは別物です。そのため、実際に薬を使用して治療を行った場合、どのような副作用が起きるのかは100%判明していないといえるでしょう。

副作用が起きてしまったとしてもすぐに適切な治療を受けられるような状態で取り入れる必要があります。具体的にどのような免疫療法を取り入れるのかによっても考えられる副作用は違ってくるため、どこにどのような副作用のリスクがあるのかということを事前に医師や看護師によく確認しておいてくださいね。

具体的な副作用としては、疲れを感じやすくなったり、食欲不振に陥ることが考えられます。他にも発熱なども挙げられるので、こういった副作用について理解した上で治療を開始しましょう。実際に治療を始めた後も何らかの不調を感じたらすぐに医師に相談することが大切です。

特に注意しなければならないのが現在まだ国で承認を受けていない免疫療法を取り入れる場合だといえるでしょう。こういったものは国から安全性の確認がされていないだけでなく、効果についても確認を受けていません。

保険診療として認められておらず、自由診療扱いになるため治療を受ける際の費用も高額になりがちです。慎重に確認を行い、信頼できるもののみを検討するようにしましょう。

具体的には免疫抑制阻害剤やがんワクチン療法、エフェクターT細胞療法などが挙げられます。

免疫療法を受ける際におさえておきたいこと

近年注目されている第4のがん治療と聞くととても効果が高いものだと思いがちです。しかし、「何となく良さそうだから」という理由で安易に決めるのはおすすめできません。

免疫療法を検討している場合は、必ず事前に医師とよく話し合いをし、不安な点などがあればすべて納得できるまで理解してから治療に取り入れるかどうか決めましょう。

免疫療法を取り入れている病院は増えてきましたが、それでもまだまだが研究途中の段階にあります。現時点で分かっている効果やリスクについて確認することは非常に大切です。

免疫療法といっても様々な種類があり、どの治療法が向いているのかは人によって違います。実際に取り入れた場合にどのような変化が期待できるのかなどもよく確認してみてくださいね。

それから、医師から提案されている方法が自由診療にあたるのか保険適用になるのかも確認しておきたいポイントです。物によっては保険外併用療養費制度という制度が利用可能なものもあるのでよく確認しておきましょう。

がんの治療ということもあり、もしも全額治療費を支払わなければならない場合は高い費用がかかることになります。自由診療になる場合、総合的にどれくらいの費用になるのかも忘れずに確認しておいたほうが安心です。

免疫療法の費用について

免疫療法を検討する際に気になるのが費用の問題です。現在行われているがんの免疫療法は基本的に健康保険は適用されない自由診療にあたると考えておいた方が良いでしょう。

そのため、費用はかなり高額です。どの方法を選択するのかによってかかる費用は異なりますが、1クールでも300万円以上になるような治療法もあります。そのため、自分が治療に支払える費用についてもよく考えておく必要がありますね。

自由診療を受ける場合も確定申告をすれば医療費控除の適用が受けられます。これまで行われてきた手術・放射線・抗がん剤といった3大治療に比べると高い費用がかかりますが、支払える金額の範囲内で治療法を検討してくれるところもあるので、まずは信頼できる病院で相談してみましょう。

免疫療法を検討している方は、こちらのクリニック一覧もチェックしてみてください>>

免疫療法を行っている医院・クリニック

プルミエールクリニック

独自の星野式混合型リンパ球療法を掲げ、リンパ球療法や樹状細胞療法、免疫細胞商法など様々なアプローチでの治療を行っているプルミエールクリニック。星野式混合型リンパ球療法は、4種の免疫細胞をバランスよく培養し、治療に当たる療法です。院長の星野ドクターは、アメリカ国立衛生研究所で最先端のがん遺伝子治療研究に携わってきた専門ドクター。

治療が難しいがんには、がん幹細胞特異ワクチンを。進行が早いがんには短期集中治療を提案するなど、がんの種別・患者の状態別に最適な治療法を提案してくれます。

肺がんや大腸がん、肝臓がんなど対応しているがんも幅広く、在宅治療や往診治療を希望する方にも対応しています。

自由診療のクリニックとなるため、医療保険は適用できません。そのため、治療費が高額であることは認識しておきましょう。

  • 住所:東京都千代田区九段南3-2-12 エルミタージュタワー
  • アクセス: JR市ヶ谷駅から徒歩で7分
  • 診療内容:免疫細胞療法(リンパ球療法樹状細胞療法・温熱式活性化リンパ球療法・がんワクチン療法)、免疫検査、温熱療法
  • 治療費用:スーパープレシジョン検査/216,000円、リンパ球療法270,000円〜、樹状細胞療法 378,000円〜、免疫細胞療法 機能亢進プログラム治療 10,800円〜

セレンクリニック東京

WT1ペプチド抗原をベースとした、樹状細胞ワクチン療法に取り組んでいるセレンクリニック東京は、標準治療との併用が可能なクリニックです。院長の森田ドクターは、国立がん研究センターなどで研究にも携わってきた第一人者。

免疫療法だけでなく、抗がん剤治療など標準治療と組み合わせた治療や、分子整合栄養医学の栄養指導にも取り組んでいます。

特に、セレンクリニック東京が持つ、樹状細胞ワクチン療法に関する知見は世界トップクラス。臨床実績も豊富で、国内外問わず様々な医学誌で臨床研究が掲載されています。

現時点(2018年7月)では、樹状細胞ワクチンなどの免疫療法は保険適用されていません。しかしながら、免疫療法が標準治療として今後採用されるためにも、セレンクリニック東京の取り組みは非常に重要となるでしょう。

なお、セレンクリニックは東京以外にも名古屋・神戸・福岡に同グループのクリニックがあります。関東在住でなくても、治療相談は可能です。

  • 住所:東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア オフィスタワー11階
  • アクセス: JR有楽町駅中央口より徒歩1分)
  • 診療内容:樹状細胞ワクチン療法、活性化リンパ球療法 (LAK)、NK細胞療法
  • 治療費用:樹状細胞ワクチン療法1,600,000円~(税別)/1セット(5~7回投与)
  •  

その他の治療法との比較

外科手術や放射線治療、抗がん剤治療比べて、免疫療法が大きく異なるのが治療費用でしょう。

第四の治療法として注目を浴びている一方で、依然として日本では保険適用された治療ではありません。そのため、基本的に免疫療法は自由診療となり、トータルの治療費は数百万円単位となることも少なくありません。

標準治療(外科治療、抗がん剤治療、放射線治療)と組み合わせて行うこともできますが、その場合にはダブルで治療費がかかる点は注意するべきでしょう。

免疫療法は、治療方法によって、また患者さんのがんのステージによっても効果のほどは様々です。

化学療法とは異なり、治療開始後数か月後に腫瘍が小さくなったり、効果が持続する場合もありこれまでの効果ありの基準とはまた違った基準で免疫療法を評価する必要もあると言われています。

治療期間・効果に関してはまだまだわからないことも多く、必ず主治医に効果や治療期間、そのエビデンスを確認するようにしましょう。

出典: 国立がん研究センター がん情報サービス「手術療法を受ける方へ」(2018年7月13日確認)

出典: 国立がん研究センター がん情報サービス「放射線治療の基礎知識」(2018年7月13日確認)

出典: 国立がん研究センター がん情報サービス「薬物療法(抗がん剤治療)のことを知る」(2018年7月13日確認)