乳がん

ここでは、乳癌の化学療法で用いられる抗がん剤の概要と副作用について掲載しています。

乳がん病期別の治療方法

乳がんはがんの進行度合いによって0期〜Ⅳ期までの臨床病期に分けられます。

治療方法はそれぞれの病期を目安に決定されることとなりますので、まずはステージごとにどんな治療法が選択されうるのかを知っておきましょう。

■0期(非浸潤がん、乳頭部に発症するパジェット病の極早期)

乳がんのがん組織がまだ小さい場合には、乳房を部分切除または乳房切除してがん組織を取り除く治療がまず行われます。その後、乳房部分切除術を選択した場合には放射線治療が行われます。

手術後の再発リスクの評価は、切除した組織の検査によってがんのタイプなどを判断し下されることとなります。

■I期(しこりの大きさ2cm以下、リンパ節や他臓器への転移なし)

転移はまだ見られないものの、腫瘍がある程度大きくなっている乳がんに対しては0期と同様に乳房部分切除術や乳房切除術が選択されます。

また、手術前に抗がん剤治療で腫瘍を小さくしてからがん細胞を外科治療で取り除くケースもあります。

また、再発予防のため、手術後にはホルモン治療や化学療法、分子標的治療などの薬物治療や放射線治療が行われます。

■Ⅱ期(しこりの大きさ2cm以下で転移ありorしこりの大きさ2〜5cmで転移なし)

基本的にはⅠ期と同様の治療方針が選択されるステージⅡの乳がん。

リンパ節への転移が明らかにわかっている場合には、腋窩リンパ節郭清というリンパ節を切除する治療も検討されます。

Ⅰ期と同様に外科手術後には化学療法やホルモン治療、放射線治療によって再発予防の治療が行われます。

■Ⅲ期(転移のある顔、皮膚にしこりが顔を出したり皮膚が崩れた状態のがん、炎症性乳がんなど)

Ⅲ期の乳がんは、薬物療法を行ったのちに乳房部分切除もしくは乳房切除術を行うケースと、外科手術よりも薬物療法を優先するケースが考えられます。

基本的には薬物療法を行い、がんの進行状況や治療効果などをチェックし、可能であれば乳房切除もしくは乳房部分切除、さらに腋窩リンパ節郭清(リンパ節切除)でがん細胞を物理的に取り除きます。その後は、化学療法・薬物療法などでがんの再発や進行を食い止めます。

■Ⅳ期(別の臓器への転移がある乳がん)

乳がんが他の臓器にまで転移してしまったケースでは、手術よりも薬物療法がメインで行われることとなります。また、進行状況によっては緩和ケアなども視野に入れなければなりません。乳がんが転移しやすい臓器としては、骨や肺、肝臓、脳などが考えられます。

出典: 国立がん研究センター がん情報サービス「乳がん|治療の選択」

乳癌に使われる抗がん剤の副作用とは

乳癌に使われる抗がん剤の副作用とは

手術で取り除けなかった癌細胞への対処として行われる、乳癌の化学療法。一般的には何種かの薬剤を組み合わせて処方されます。

CMF療法

「シクロホスファミド」「フルオロウラシル」「メトトレキサート」の3種類による療法です。主に、リンパへの転移がない場合に行われます。

CAF療法

「シクロホスファミド」「ドキソルビシン」「フルオロウラシル」の3種類による療法です。「ドキソルビシン」ではなく「エピルビシン」を使うものをCEF療法、また、「フルオロウラシル」を除いた2種類を使うものをAC療法と言います。

これらの他にも、比較的近年に出てきた「ドセタキセル」や「パクリタキセル」といった薬を、単独であるいは前述の療法と併せて使うことがあります。上で挙げた抗がん剤の概要と副作用についてまとめてみたのでご確認ください。

シクロホスファミド

概要
現在最もよく使われる抗がん剤の1つ。その特徴である穏やかな効果から、大量療法・多剤併用などで用いられるケースが多い。

主な副作用
吐き気や嘔吐、発熱をはじめ、骨髄抑制や出血性膀胱炎、脱毛といった症状が挙げられる。脱毛に関しては治療を終え投与を止めれば自然回復する。また、男性の場合は精子生産停止、女性の場合は無月経になる可能性もある。さらに長期・大量投与によって、動機・息切れ・めまいが起こったり骨髄抑制が増強する場合もある。

メトトレキサート

概要
いろんな種類の癌に用いられる代表的な抗がん剤であり、大量化学療法にも使われる。細胞内でRNA&DNAの合成をたすける酵素の作用を妨げ、癌細胞の増殖を抑制する葉酸代謝拮抗剤。

主な副作用
一般的に吐き気や嘔吐、口内炎、骨髄抑制といった症状が起こる。また、免疫力のダウンによって風邪のような症状がみられ、感染症になる場合もある。さらに、肺線維症や腸炎、血圧低下や呼吸困難といった症状にも注意が必要。

ドキソルビシン

概要
代表的な抗がん剤の1つであり、抗がん性抗生物質の最も代表的なものの1つ。癌細胞のDNA合成を妨げる作用や、DNAを切断し癌細胞を殺す作用がある。

主な副作用
吐き気や嘔吐が発生する頻度が比較的高く、脱毛や骨髄抑制が発生しやすい薬剤でもある。心臓への障害が起きやすいという点も特徴として挙げられ、総投与量が多ければ多いほどその発生頻度や重症度も上がる。

フルオロウラシル

概要
DNA合成に必要な物質「ウラシル」に似た分子構造が特徴で、このウラシルに代わってDNAに取り込まれ、その合成を阻害することで抗腫瘍作用を発揮する。さまざまな種類の癌に効果が期待できる。

主な副作用
剤型による差はあるが、強い下痢や出血性腸炎といった消化器症状とそれに伴う脱水症状などが報告されており、高度の骨髄抑制や間質性肺炎、肝機能障害や黄疸、急性腎不全、うっ血性心不全、白質脳症といったものが発症する可能性もある。一般的な副作用として挙げられるのは、消化器障害をはじめ、しびれやめまい、倦怠感といった精神神経症状、また色素沈着や脱毛といった皮膚症状、さらに腎機能・肝機能低下、発疹など過敏症、発熱等がある。

エピルビシン

概要
DNA螺旋構造の間に入り込み合成を阻害する。また酵素作用を抑えてDNAを切断する。

主な副作用
骨髄抑制が強い薬のため、貧血や感染症、出血傾向といった症状に注意が必要。さらに心臓への障害が生じやすいという特徴もある。 一般的なものとしては、口内炎や吐き気・嘔吐、脱毛の発症が多く、他にも発熱や頭痛、発疹や寒気、筋肉痛、肝・腎機能低下などが起こる場合もある。

抗がん剤のつらい副作用で悩むより、負担の少ない乳癌治療を

乳癌の化学療法は、複数の抗がん剤を組み合わせるのが一般的です。その1つ1つに副作用があり、症状もさまざま。特に多いのは「吐き気」や「嘔吐」といった消化器への副作用です。吐き気や嘔吐は身体的苦痛をはじめ、食欲不振や栄養不良、これからのがん治療への不安といった精神的苦痛も引き起こしてしまいます。また、抗がん剤の副作用の1つに「脱毛」があります。髪の毛だけでなく、眉毛や睫毛まで抜けてしまうこともあるそう。女性の発症率が高い乳癌。脱毛の副作用は、女性にとって特にショックが大きいものです。

抗がん剤の副作用で悩むより、負担の少ない乳がん治療を検討してみてはいかがでしょうか?

副作用が軽いホルモン治療

乳がんの治療には、抗がん剤を使った化学療法に加え、ホルモン療法や分子標的療法などがあります。また、治療内容に応じた手術、放射線治療、緩和ケアも症状の程度などに合わせて行います。

例えば、副作用が比較的軽いとされるホルモン治療は、ホルモン剤が効くタイプのがんであれば活用できる治療法です。

ホルモン治療の進め方は、閉経前の方と閉経後の方で異なります。また、ホルモン治療を選択した場合でも、抗がん治療や放射線治療が必要な場合もあります。

ホルモン療法は、女性ホルモンをブロックすることにより、がんの増殖を抑えます。 閉経前の方は、がん細胞に女性ホルモンが近づかないようにする薬(抗女性ホルモン剤) を5年間毎日内服します。さらに、生理がある方は生理を止める薬(LHRHアゴニスト)を4 週間または12週間に1回おなかの皮下脂肪の中に注射をします。 閉経後の方は、副腎からアンドロゲンというホルモンが分泌され、これが脂肪組織のアロ マターゼという酵素によって女性ホルモンが作られます。アロマターゼの働きを止めて、女 性ホルモンを抑える薬(アロマターゼ阻害剤)を5年間内服します。

出典:(PDF)がん研有明病院 乳腺センター「乳がんの治療をこれから受ける方のために」PDF]

がん治療の中には、遺伝子治療や免疫療法、漢方薬を使った副作用の少ない治療法もあります。最近では抗がん剤治療の副作用を避けるため、こうした治療法を選ぶ方が増えているそう。乳癌の抗がん剤治療の副作用で悩んでいる方は、ぜひ新しい治療法を検討してみてください。

臨床研究が進む乳がんの新しい治療法

副作用の負担が少ない治療方法として、近年研究が進んでいる治療法としてまず挙げられるのが「遺伝子治療」です。

名古屋大学医学部付属病院で行われている遺伝子治療の臨床試験「HF10プロジェクト」では、乳がんや頭頸部がん、膵がんなどの治療にHF10と呼ばれる単純ヘルペスウイルスの変異株を使った治療の効果を調べる試験が進んでいます。HF10プロジェクトでは、がん細胞に単純ヘルペスウイルスの変異株を直接注入し、抗腫瘍作用を期待する療法です。

単純ヘルペスウイルスの変異株にはがん細胞のみを特異的に殺傷する働きがあることがわかっており、実際に臨床研究でも良好な抗腫瘍効果と、安全性が確認されつつあるようです。

また、体への負担を少なくすることはもちろんのこと、乳房を残したいという女性患者の希望は乳がん治療の大きな方針を決める上で大きな要素となっています。こうした中で、乳がん手術が必要かどうかを判別するための遺伝子判定が実用化の一歩手前まで来ています。

国立がん研究センター東病院では最近、乳がんの治療法として、がん細胞のタンパク質HER2が陽性で、ホルモンが陰性のタイプの乳がんに対する治療方法として、遺伝子「HSD17B4」という遺伝子をマーカーとして手術が必要かどうかを判断することができるという研究結果を発表しました[1]。

このように、乳がん治療は日々新たな治療方法が研究されています。乳がんの進行スピードは、他のがんと比べて決して早い方ではありません。

もちろん、発見された際のステージにもよりますが、治療方法についてじっくりと調べ、決める時間がある方も少なくありません。治療方法について、納得したものを選べるように、担当医はもちろんのこと、セカンドオピニオンとして、他の専門医のドクターにも相談してみましょう。

[1]出典: UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧「HER2 陽性乳癌における HSD17B4 メチル化の有用性評価試験」

副作用の少ない癌治療方法をチェックしてみる>>