白血病

急性骨髄性、急性リンパ性白血病など、病気の種類ごとに適用される抗がん剤の働きと副作用を調べました。

白血病に使われる抗がん剤の副作用とは

白血病の化学療法で用いられる抗がん剤にも、副作用があると報告されています。

まずは白血病の種類別に、どのような抗がん剤が使われるかを見ていきます。種類によっても異なりますが、「急性白血病」は抗がん剤が効きやすいとされています。

急性骨髄性白血病

急性骨髄性白血病の場合、基本的にシタラビンとアントラサイクリン系薬剤が用いられます。例えば、シタラビン&イダルビシンによる「IC療法」(あるいはシタラビン&ダウノルビシン)の2剤併用です。

急性骨髄性白血病

難治性あるいは再発でCD33が陽性の急性骨髄性白血病の場合には、「ゲムツズマブオゾガマイシン」が有効とされています。

急性前骨髄球性白血病

急性前骨髄球性白血病に対しては、「トレチノイン」(ベサノイド)がとても有効であるとされています。他の抗がん剤と併せて使われるケースが多いです。

急性リンパ性白血病

急性リンパ性白血病に対しては、「VP療法(プレドニゾロン&ビンクリスチン)」に、「アントラサイクリン系抗生物質(ドキソルビシンやダウノルビシン)」の散在が一般的です。必要によって、シクロホスファミドやL‐アスパラギナーゼが、これにプラスされます。

T細胞急性リンパ性白血病(T-ALL)

難治性あるいは再発のT細胞急性リンパ性白血病(T-ALL)に対しては、単剤による有効性が、「ネララビン」で初めて認められました。希少疾病医薬品の指定を受けて、2007年、保険承認がなされているものです。

なお、慢性白血病に関しては、ほとんどのケースで慢性期において、薬によるコントロールが可能であり、日常生活を送ることができます。ただ、この慢性期を経過した後、未熟な白血病細胞が増殖してしまう場合があり、特に「慢性骨髄性白血病」の場合、従来の抗がん剤治療では平均3年ほどで急性転化を起こしてしまい、死亡するという例が多々ありました。

この大きく変えたのが、「イマチニブ(分子標的薬)」です。これまでの「インターフェロン‐α」や「ヒドロキシカルバミド」に代わり、高齢者の治療において、現在はイマチニブが第一選択薬です。慢性期においては、治療目的で造血幹細胞移植が行なわれます。

急性転化が起こったときは、プレドニゾロン・ビンクリスチンを含む多剤併用療法になるケースが多く、アントラサイクリン系薬剤&シタラビンが使われる場合もあります。

それでは以下に、上記で挙がった主な抗がん剤について、概要や副作用を紹介していきたいと思います。

シタラビン

概要
米国で最もよく用いられる抗がん剤の中のひとつ。DNAに取り込まれてその合成を阻害し、DNAを複製する酵素の作用も阻害する。シタラビンの大量投与法は「急性白血病」において必要不可欠であり、その効果も高い一方で、副作用も大きいため、しっかりとした治療管理の体制と支持療法も欠かせない。

主な副作用
嘔吐や食欲不振など消化器症状が一番多くみられ、下痢や腹痛、発疹、口内炎、発熱、肝障害、倦怠感といった症状が出る場合もある。別の抗がん剤と併用する場合、消化器症状のほかに、白血球減少といった血液障害も起こりやすい。深刻な副作用としては、消化管潰瘍・出血といった消化管障害、骨髄抑制、急性心膜炎、間質性肺炎などが挙げられる。大量療法に関しては、前述の副作用がより強くなり、厳しい治療となる。結膜炎といった眼症状や筋肉痛、骨痛、発熱などが現れるシタラビン症候群が発症する場合もある。

イダルビシン

概要
DNAと結合して「DNAポリメラーゼ」の作用、「トポイソメラーゼⅡ」の作用を阻害し、DNA複製を阻む。

主な副作用
骨髄抑制が強く出るため貧血や感染症、出血傾向などには注意。また、心臓へ障害も出やすいという特徴がある。一般的なものとして挙げられるのは、口内炎や吐き気、嘔吐、脱毛。また、発熱や頭痛、発疹、寒気、筋肉痛、肝・腎機能低下などが現れる場合もある。

ダウノルビシン

概要
広く使われているアントラサイクリン系抗生物質。DNAの螺旋構造に入りこんでDNA合成を阻害。酵素の働きも妨害し、DNAを切断する。

主な副作用
骨髄抑制が現れやすいため、貧血や感染症、出血傾向などに注意。心臓への障害が出やすいという特徴もある。一般的な副作用では、吐き気や嘔吐、脱毛、口内炎が挙げられる。また、倦怠感や頭痛、寒気、発熱、発疹などが発症する場合もある。

ゲムツズマブオゾガマイシン

概要
遺伝子組み換えによる「モノクローナル抗体」に、抗がん性の抗生物質「カリケアマイシン」が結合した抗がん剤。抗体部は、骨髄性白血病細胞表面に現れるCD33に結合する。白血病細胞へゲムツズマブオゾガマイシンが取り込まれると、殺細胞作用が生み出される。

主な副作用
肝臓への障害が出やすく、肝静脈閉塞症といった深刻な症状がしばしばみられる。また投与後、アナフィラキシー・ショックなど重大な過敏症が現れる場合があるため、抗ヒスタミン薬の投与などを事前に行なう。さらに、多くの人に骨髄抑制がみられ、重篤化することもある。一般的な副作用では、吐き気や嘔吐、食欲不振、頭痛、発熱などが多く現れる。かゆみや発疹、不整脈、めまい、口内炎といった症状が出る場合もある。

トレチノイン

概要
レチノイン酸というビタミンA誘導体。「急性前骨髄球性白血病」の原因となる分子に働いて白血病細胞を成熟させ、癌化を抑制することが分かり、抗がん剤として承認された。

主な副作用
ビタミンAの一種で比較的、副作用は抑制できる。ただ、ビタミンAを大量投与することになるので、深刻な副作用が現れる場合もある。一般的なものとしては、肝機能障害やトリグリセリド上昇、頭痛や発熱、口唇乾燥などが挙げられる。また、この抗がん剤に特徴的な副作用としては、レチノイン酸症候群がある。呼吸困難や発熱、間質性肺炎、胸水貯留、低血圧や低酸素血症、肝・腎不全などが現れる症候群であり、十分な注意が必要。

ビンクリスチン

概要
「ニチニチソウ」という植物が含有する成分から作られた抗がん剤。細胞分裂のとき、新しい細胞へ染色体を移す作用を持つ微小管の働きを阻害し、抗腫瘍作用を発揮する。併用することで、広くがん治療に使われている。

主な副作用
便秘が起きやすく、ひどい場合は腸閉塞を発症することがある。また、神経の障害につながりやすいという特徴があり、皮膚の感覚異常や指のしびれが起こる。重度の場合は、筋肉麻痺や歩行困難といった症状が現れ、やむなく治療をストップすることもある。

プレドニゾロン

概要
最も一般的なステロイド剤のひとつ。リンパ球を壊す作用があるため、白血病や悪性リンパ腫の治療に使われる。

主な副作用
多毛や不眠、ムーンフェイス、鬱状態といった症状や、高血糖、感染症、副腎皮質機能低下などの可能性がある。また、目のかすみなどが起こり、白内障・緑内障を引き起こす場合もある。さらに、皮膚のかゆみや乾燥、発疹や赤身など皮膚異常が発症するケースもある。

ドキソルビシン

概要
代表的な抗がん剤のひとつであり、抗がん性抗生物質の最も代表的なもの。癌細胞のDNA合成を妨げる作用や、DNAを切断し癌細胞を殺す作用がある。

主な副作用
吐き気や嘔吐が発生する頻度が比較的高く、脱毛や骨髄抑制が発生しやすい薬剤でもある。心臓への障害が起きやすいという点も特徴として挙げられ、総投与量が多ければ多いほど、その発生頻度や重症度も上がる。

シクロホスファミド

概要
現在、最もよく使われる抗がん剤のひとつ。その特徴である穏やかな効果から、大量療法・多剤併用などで用いられるケースが多い。

主な副作用
吐き気や嘔吐、発熱をはじめ、骨髄抑制や出血性膀胱炎、脱毛といった症状が挙げられる。脱毛に関しては、治療を終えて投与を止めれば自然回復する。また、男性の場合は精子生産停止、女性の場合は、無月経になる可能性もある。さらに長期・大量投与によって、動機・息切れ・めまいが起こったり、骨髄抑制が増強する場合もある。

イマチニブ

概要
「チロシンキナーゼ」の作用を阻害するという目的で開発された分子標的薬。2009年には、グリベック抵抗性の「慢性骨髄白血病」を適応とし、ダサチニブ(スプリセル)が承認されている。

主な副作用
一番多くみられるのは発疹。他にも目の周りや脹脛のむくみ、下痢や吐き気、筋肉痛、肝・腎臓機能の低下などが現れる場合がある。ただ、むくみに対しては利尿薬の使用、吐き気に対しては薬の食後服用といった対処によって、副作用を軽くすることができる。

抗がん剤のつらい副作用で悩むより、負担の少ない白血病治療を

抗がん剤を用いて白血病を治療する際、副作用はどうしても避けられない問題です。ほとんどの抗がん剤は効果が高ければ高いほど、副作用が重くなってしまいます。また、他の抗がん剤と併用したり、大量投与したりすることで副作用が強くなってしまう可能性もあるそうです。

つらい副作用は身体的な負担だけでなく、がん治療と向き合う気力さえも低下させてしまいます。「できるだけ負担の少ない治療を選んで、がんと上手に付き合いたい」と考えている方は多くいらっしゃるはず。次のページでは、そんな方におすすめの新しい治療法を分かりやすくまとめました。遺伝子治療や免疫療法といった副作用の少ない治療法や、副作用を軽減してくれる漢方薬の存在など、知っていただきたい情報がたくさんあります。つらい副作用で悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてください。

抗がん剤を使った治療方法「寛解導入療法」

白血病における寛解導入療法は、化学療法に分類される治療方法です。急性骨髄性白血病と診断された患者さんのうち、65歳未満の若年者で小児を除くケースでは寛解導入療法をまずは採用し、その後の効果によって治療方法を選択していくこととなります[1]。

そもそも「寛解」とは何を指すかというと、がん細胞が血液検査などで存在が確認できなくなった状態です。寛解したからといって、がん細胞が完全になくなったわけではなく、体内にがん細胞が残っており可能性はあると考えられています。

寛解導入療法の流れ

日本血液学会が制作している、『造血器腫瘍診療ガイドライン 2013』によれば、急性骨髄性白血病に対する化学療法は、次のような流れで行われるのが一般的とされています。

AMLと診断された場合は上記のアルゴリズムに従うことが推奨される。若年AMLに対する標準的寛解導入療法はアントラサイクリン+標準量シタラビン(AraC)(CQ2)である。その際のアントラサイクリン系薬剤の至適な種類と投与量は一つに限定されないが,高用量ダウノルビシン(DNR)またはイダルビシン(IDR)(常用量)の使用が推奨される(CQ2)。1コース目の寛解導入療法で非寛解症例に対しては同一レジメンが繰り返されることが多く(CQ5),2コース目の治療でも寛解が得られない場合は,大量あるいは中等量Aracを含む救援療法が行われる

出典:『造血器腫瘍診療ガイドライン 2013』日本血液学会
http://www.jshem.or.jp/gui-hemali/1_1.html#algo

若年者急性骨髄性白血病の場合、寛解導入療法による治療で寛解が見られたものの、予後が不良で同種のドナーがいないために幹細胞移植が難しいケースでは、次に紹介する「地固め療法」を実施することとなります。

白血病の寛解導入療法に使われる抗がん剤

若年者急性骨髄性白血病の寛解療法で使われる薬剤は次の通りです。

  • アントラサイクリン

アントラサイクリン系薬剤には、高用量ダウノルビシン(DNR)またはイダルビシン(IDR)などがあります。ダウノルビシンはDNAやRNAの合成を妨げ、がん細胞が体内で増殖するのを防ぐ抗がん剤です[2]。 イダルビシンもダウノルビシンと同じ原理でがん細胞の増殖を抑える抗悪性腫瘍薬タイプの抗生物質です[3]。

  • 標準量シタラビン(AraC)

寛解導入療法でアントラサイクリン系の抗がん剤とともに用いるのが、白血病以外にもリンパ腫や乳がん、消化器がんなどでも用いられるシタラビンという抗がん剤です。シタラビンは、抗がん剤の中でも代謝拮抗剤といわれるタイプのお薬で、増殖が盛んながん細胞が持つ酵素に働きかけ、がんが増えるのを抑える薬です[4]。

抗がん剤を使った治療方法「地固め療法」

白血病治療において、がんが寛解した後に行われるのが「地固め療法」です。急性骨髄性白血病では、地固め療法を受けないと、がんが寛解したとしても再発は必至と言われています。

地固め療法は、寛解導入療法によって減った白血病細胞(5%以下)を死滅させ、白血病を根治させることを目標に行われます。

AMLでは寛解後地固め療法を行わないと再発が必至であり,寛解を維持するための種々の寛解後療法が試されてきた。早くから欧米ではシタラビン(AraC)大量療法が地固め療法の主流であったが,わが国では保険上の制約からAraC大量療法が行えなかった時期が長く,非交差耐性のアントラサイクリン系薬剤とAraC標準量を用いた寛解後療法が行われてきた経緯がある。

出典:『造血器腫瘍診療ガイドライン 2013』日本血液学会
http://www.jshem.or.jp/gui-hemali/1_1.html#cq2

地固め療法の流れ

地固め療法は、寛解導入療法の結果の予後によって方法が異なります。寛解導入療法を実施し、がんが寛解。移植の希望がない場合には、地固め療法が行われます。適切なドナーが見つかった場合には、移植手術が地固め療法の代わりに用いられます。

地固め療法で使われる抗がん剤

地固め療法は、シタラビンという抗がん剤を大量に用いる方法が一般的です。 シタラビン大量療法以外に考えられる地固め療法としては、非交差耐性のアントラサイクリン系薬剤によるものがガイドラインでは推奨されています。『造血器腫瘍診療ガイドライン 2013』では、寛解期における地固め療法でアントラサイクリン系の薬剤を使う場合には4回の地固め療法が推量されるとしています[5]。

シタラビンは、副作用として食欲不振や吐き気、悪心・嘔吐、風通、下痢、発熱。全身倦怠感などの症状が出ることがあります。 また、骨髄機能の抑制や肝機能障害などの副作用が出る場合もあります。骨髄抑制や肝障害、腎障害のある方は、使用にあたって特に注意が必要です[6]。

【参考URL】

[1]参考:国立がん研究センター がん情報サービス『急性骨髄性白血病|治療の選択』(2018年1月25日確認)
https://ganjoho.jp/public/cancer/AML/treatment_option.html

[2]参考:国立がん研究センター がん情報サービス『がんの治療に使われる主な薬|ダウノルビシン:注射』(2018年1月25日確認)
https://ganjoho.jp/public/dia_tre/medicine/anticancer_agents/data/daunorubicin01.html

[3]参考:国立がん研究センター がん情報サービス『がんの治療に使われる主な薬|イダルビシン:注射』(2018年1月25日確認)
https://ganjoho.jp/public/dia_tre/medicine/anticancer_agents/data/idarubicin01.html

[4]参考:国立がん研究センター がん情報サービス『がんの治療に使われる主な薬|シタラビン:注射』(2018年1月25日確認)
https://ganjoho.jp/public/dia_tre/medicine/anticancer_agents/data/cytarabine01.html

[5]参考:『造血器腫瘍診療ガイドライン 2013』日本血液学会
http://www.jshem.or.jp/gui-hemali/1_1.html#algo

[6]参考:国立がん研究センター がん情報サービス『がんの治療に使われる主な薬|シタラビン:注射』(2018年1月25日確認)
https://ganjoho.jp/public/dia_tre/medicine/anticancer_agents/data/cytarabine01.html