肺がん

非小細胞肺がん、小細胞肺がんそれぞれの概要と、化学療法で使われる抗がん剤の概要・副作用をまとめました。

肺がんに使われる抗がん剤の副作用とは

肺がんを分類すると「非小細胞肺がん」「小細胞肺がん」に大きく分けることができます。これらの特徴と、抗がん剤による副作用を紹介していきます。

非小細胞肺がん

肺がんの約8割を占めるのがこの非小細胞肺がんです。小細胞肺がんと比較すると進行が遅いものの、抗がん剤が効きにくいという特徴があります。

抗がん剤治療としては、カルボプラチンやシスプラチンといったプラチナ製剤に、他の抗がん剤をプラスした二剤併用療法が一般的で、以下が主なものになります。

  • IP療法:シスプラチン&イリノテカン
  • TC療法:カルボプラチン&パクリタキセル
  • DC療法:カルボプラチン&ドセタキセル
  • GP療法:シスプラチン&ゲムシタビン

また、抗がん剤「ゲフィチニブ」は深刻な副作用が問題になりましたが、アジア人(特に女性)に有効なことが分かっています。

ゲフィチニブについては、各患者に対しても効果があるか否かを判断する方法、また副作用を抑制する方法なども研究されています。

一方、切除不能な再発・進行性のもので、化学療法後に増悪した非小細胞肺がんに対しては、2007年10月に抗がん剤「エルロチニブ」が承認されています。

小細胞肺がん

小細胞肺がんは、進行が早いタイプで、発見した時には転移しているケースが多いものです。

抗がん剤の効果が出やすいのも特徴で、シスプラチンとイリノテカンを組み合わせた「IP療法」が第一選択肢として挙げられ、エトポシドとシスプラチンを組み合わせた「PE療法」も有効とされています。

また、「PE療法」と、「CAV療法(ドキソルビシン・シクロホスファミド・ビンクリスチン)」を交互に行なっていく「PE/CAV交代療法」といった方法もあります。

それでは以下に、肺がんの主な抗がん剤について、概要と副作用を紹介したいと思います。

イリノテカン

概要
日本で開発された直物アルカロイドの誘導体。DNAに働く「酵素トポイソメラーゼ」を阻害することで、抗がん作用を発揮するとされる。日本国内では、さまざまながんに使われ、有効性も確認されている反面、副作用も強い。

主な副作用
激しい下痢や腸炎の可能性があり、症状によっては致命的になることもある。骨髄抑制に関しても高い頻度で症状が現われ、敗血症や貧血といった重い感染症の恐れがある。それ以外には、吐き気・嘔吐や下血、間質性肺炎、腸閉塞などの症状が起こる場合もある。

シスプラチン

概要
さまざまながんに有効とされるプラチナ製剤であり、抗がん剤治療の中心的なものとなっている。がん細胞の2本のDNA鎖と結合してDNA複製を妨害し、がん細胞を死滅する働きがある。

主な副作用
激しい副作用が特徴で、特に深刻なのが腎不全をはじめとする腎臓機能障害。また、吐き気や嘔吐、食欲不振といった消化器症状も強く現われ、主に制吐剤の併用などで対処する。骨髄抑制など重篤な副作用が出る場合もあり、投与に際しては検査を行ないながら十分観察する必要がある。
こういった副作用の軽減を目的として同じ研究者により開発されたのが「カルボプラチン」「ネダプラチン」。腎機能がダウンしている時や副作用に耐えられない時などにも投与できるケースがあり、シスプラチンの代わりに用いられる場合もある。

パクリタキセル

概要
1992年、卵巣がん治療薬としてアメリカで認可され、現在は世界各国において、さまざまながん治療に使われている。

主な副作用
骨髄抑制や発熱、関節痛・筋肉痛、軽い吐き気・嘔吐、頭髪以外の全身的な脱毛などが現われる。また、重いアレルギー症状が投与後、まもなく発症する場合があるため、アレルギー体質があるならば、あらかじめ医師に伝える必要がある。手足の痺れ・痛みなど末梢神経の障害や、ときには聴力障害やうっ血性心不全が発症する場合もある。
(※2010年7月、アレルギー予防のためのステロイド剤など、前処置を必要としないパクリタキセル注射剤が承認された)

カルボプラチン

概要
「シスプラチン」とほとんど同等の効果がありながら、毒性を軽くするものとして開発された、第二世代のプラチナ製剤。プラチナ製剤の中で副作用が最も軽いと言われている薬。DNA複製を阻害することにより、がん細胞を死滅させる。

主な副作用
シスプラチンに比べて軽いものの、骨髄抑制や腎障害には注意。吐き気・嘔吐も半数を超える患者にみられる。また、口内炎や下痢、便秘、腹痛、血尿、発熱、しびれといった症状が起こる場合もある。

ドセタキセル

概要
細胞分裂に関与する微小管の作用を阻害し、がん細胞を死滅する。

主な副作用
浮腫の発症が特徴的。また、肺水腫や心タンポナーデといった重症例も報告されている。一般的なものとして挙げられるのは、吐き気・嘔吐や下痢といった消化器症状、発疹、脱毛など。

ゲムシタビン

概要
優れた抗がん効果がありながら、副作用は比較的軽く、注目される抗がん剤のひとつ。

主な副作用
一般的なものとして、吐き気・嘔吐や骨髄抑制、口内炎をはじめとする消化器症状が挙げられる。また、頻脈や発熱、発疹など過敏症、めまいや頭痛、脱毛などが発症する場合もある。比較的軽い副作用が多いが、著しい骨髄抑制といった深刻な副作用が現われる場合もある。アナフィラキシー症状や間質性肺炎、心筋梗塞、肺水腫、腎不全、うっ血性心不全などが報告されている。

ゲフィチニブ

概要
イギリスで開発され、世界に先駆けて日本国で承認された分子標的薬。がん細胞の増殖を促す「チロシンキナーゼ」の作用を阻害する。当初は副作用が軽いうえ効果が高いと注目されたが、副作用などの認識が十分でないまま投与が行なわれたケースが多かったこともあって、間質性肺炎による死者が相次ぎ、問題となった。

主な副作用
一般的なものとして、かゆみや発疹、下痢などの症状が挙げられ、脱毛や吐き気などは比較的軽度とされる。喫煙歴がある人や体力低下がみられる人、間質性肺炎の人などの場合、イレッサの服用により深刻な副作用が出やすいとされている。

エルロチニブ

概要
がん細胞の増殖・分裂を促す原因につながる「チロシンキナーゼ」の作用を阻害する、シグナル伝達阻害剤。

主な副作用
重大な症状のひとつとして、間質性肺炎が報告されている。そのため、院外調剤の患者に対しては、重篤な副作用に関する注意事項の記載があるタルセバ錠治療確認シートを持参している場合にのみ調剤を行なう、といった対策が取られている。
また、肝不全や肝炎、ALT(GPT)、AST(GOT)の上昇などを伴う深刻な肝機能障害が起こる場合があり、死亡例の報告もある。さらに、激しい下痢を伴う脱水症状にも注意が必要。
一般的な副作用として挙げられるものには、目や口の渇き、口内炎、発疹、頭痛や倦怠感などがある。

エトポシド

概要
北米が原産地のアメリカミヤオソウの根茎に含有される「ポドフィロトキシン」の誘導体を使った抗がん剤。

主な副作用
貧血や骨髄抑制、食欲不振、吐き気、嘔吐といった症状がみられるほか、脱毛も発症しやすい。投与後まもなく、アレルギー反応が出る場合があるため注意が必要。また、連続投与においては、特に白血球・ヘモグロビンの減少といった骨髄抑制が起こりやすくなる。せきや発熱、呼吸困難を伴う間質性肺炎の可能性もある。

シクロホスファミド

概要
現在、最もよく使われる抗がん剤のひとつ。その特徴である穏やかな効果から、大量療法・多剤併用などで用いられるケースが多い。

主な副作用
吐き気や嘔吐、発熱をはじめ、骨髄抑制や出血性膀胱炎、脱毛といった症状が挙げられる。脱毛に関しては、治療を終えて投与を止めれば自然回復する。また、男性の場合は精子生産停止、女性の場合は無月経になる可能性もある。さらに長期・大量投与によって、動機・息切れ・めまいが起こったり骨髄抑制が増強する場合もある。

ビンクリスチン

概要
「ニチニチソウ」という植物が含有する成分から作られた抗がん剤。細胞分裂のとき、新しい細胞へ染色体を移す作用を持つ微小管の働きを阻害し、抗腫瘍作用を発揮する。ビンクリスチンを併用する治療法は、がん治療で幅広く使われている。

主な副作用
便秘が起きやすく、ひどい場合は腸閉塞を発症することがある。また、神経の障害につながりやすいという特徴があり、皮膚の感覚異常や指のしびれ、重度の場合は筋肉麻痺や歩行困難といった症状が現われ、やむなく治療をストップすることもある。

抗がん剤のつらい副作用で悩むより、負担の少ない肺がん治療を

多くの肺がん治療で使われている抗がん剤「シスプラチン」と「イリノテカン」。治療効果の高さが特徴ですが、その反面、腎機能の低下・腎不全といった「腎臓機能障害」や白血球を減少させ、細菌感染を引き起こしやすくなる「骨髄抑制」などの深刻な副作用の恐れがあります。癌の治療が終わるまでは長い時間が必要です。そのあいだ、重い副作用に悩まされ続けるのは、本人にも、治療を見守る家族にとってもつらいもの。しかし、抗がん剤を使ったがん治療ではどうしても副作用が発症してしまうのです。

最近ではそうした身体的・精神的苦痛をなくすため、副作用が少ない治療法が多く選ばれています。以下のページでは、こうした新しいがんの治療法を分かりやすく紹介。なかには癌の早期発見が期待できる治療法もあり、癌が転移しやすい肺がん治療に特におすすめです。抗がん剤の副作用で悩んでいる方は、ぜひ検討してみてください。

副作用の少ない癌治療方法をチェックしてみる>>