卵巣がん

卵巣癌の化学療法で使われる抗がん剤の副作用などについて紹介しているページです。

卵巣癌に使われる抗がん剤の副作用とは

抗がん剤が効きやすいとされ、治療効果も向上している卵巣癌ですが、抗がん剤を使うと副作用があると報告されています。しかし、治療においてⅠa期以外では、必ず抗がん剤治療が必要となります。特に、抗がん剤の「シスプラチン」は手術不能な進行癌でも効果が期待でき、併用・単独で広く使われています。

卵巣癌の治療法

一般的な療法としては、ドキソルビシン&シクロホスファミド&シスプラチンを組み合わせた「CAP療法」が挙げられます。

その他の療法も含めて、一覧でチェックしてみてください。

  • CAP療法:ドキソルビシン&シクロホスファミド&シスプラチン
  • CP療法:シスプラチン&シクロホスファミド
  • EP療法:シスプラチン&エトポシド
  • JP療法:シスプラチン&カルボプラチン
  • TP療法:シスプラチン&パクリタキセル
  • TJ療法:カルボプラチン&パクリタキセル

卵巣癌は比較的発症年齢が低く、再発する可能性が高い癌と言えます。こういった治療を続けていると、抗がん剤はだんだんと効かなってくるため、そのときに使われる薬として「ドキシル」(再発型の卵巣癌を追加適応として2009年に承認)が挙げられます。

それでは以下に、上記で挙げた主な抗がん剤について、特徴と副作用を紹介していきます。

シスプラチン

概要
さまざまながんに有効とされるプラチナ製剤であり、抗がん剤治療の中心的なものとなっている。がん細胞の2本のDNA鎖と結合してDNA複製を妨害し、がん細胞を死滅する働きがある。

主な副作用
激しい副作用が特徴で、特に深刻なのが腎不全をはじめとする腎臓機能障害。また、吐き気や嘔吐、食欲不振といった消化器症状も強く現われ、主に制吐剤の併用などで対処する。骨髄抑制など重篤な副作用が出る場合もあり、投与に際しては検査を行ないながら十分観察する必要がある。こういった副作用の軽減を目的として同じ研究者により開発されたのが「カルボプラチン」「ネダプラチン」。腎機能がダウンしている時や副作用に耐えられない時などにも投与できるケースがあり、シスプラチンの代わりに用いられる場合もある。

シクロホスファミド

概要
現在、最もよく使われる抗がん剤のひとつ。その特徴である穏やかな効果から、大量療法・多剤併用などで用いられるケースが多い。

主な副作用
吐き気や嘔吐、発熱をはじめ、骨髄抑制や出血性膀胱炎、脱毛といった症状が挙げられる。脱毛に関しては、治療を終えて投与を止めれば自然回復する。また、男性の場合は精子生産停止、女性の場合は無月経になる可能性もある。さらに長期・大量投与によって、動機・息切れ・めまいが起こったり、骨髄抑制が増強する場合もある。

ドキソルビシン

概要
代表的な抗がん剤のひとつであり、抗がん性抗生物質の最も代表的なもの。癌細胞のDNA合成を妨げる作用や、DNAを切断し癌細胞を殺す作用がある。

主な副作用
吐き気や嘔吐が発生する頻度が比較的高く、脱毛や骨髄抑制が発生しやすい薬剤でもある。心臓への障害が起きやすいという点も特徴として挙げられ、総投与量が多ければ多いほど、その発生頻度や重症度も上がる。

エトポシド

概要
北米が原産地のアメリカミヤオソウの根茎に含有される「ポドフィロトキシン」の誘導体を使った抗がん剤。

主な副作用
貧血や骨髄抑制、食欲不振、吐き気、嘔吐といった症状がみられるほか、脱毛も発症しやすい。また、投与後まもなくアレルギー反応が出る場合があるため、注意が必要。連続投与においては、特に白血球・ヘモグロビンの減少といった骨髄抑制が起こりやすくなる。せきや発熱、呼吸困難を伴う間質性肺炎の可能性もある。

カルボプラチン

概要
「シスプラチン」とほとんど同等の効果がありながら、毒性を軽くするものとして開発された、第二世代のプラチナ製剤。プラチナ製剤の中で副作用が最も軽いと言われている薬。DNA複製を阻害することにより、がん細胞を死滅させる。

主な副作用
シスプラチンに比べて軽いものの、骨髄抑制や腎障害には注意。吐き気・嘔吐も半数を超える患者にみられる。また、口内炎や下痢、便秘、腹痛、血尿、発熱、しびれといった症状が起こる場合もある。

パクリタキセル

概要
1992年、卵巣がん治療薬としてアメリカで認可され、現在は世界各国において、さまざまながん治療に使われている。

主な副作用
骨髄抑制や発熱、関節痛・筋肉痛、軽い吐き気・嘔吐、頭髪以外の全身的な脱毛などが現われる。また、重いアレルギー症状が投与後まもなく発症する場合があるため、アレルギー体質があるならば、あらかじめ医師に伝える必要がある。手足の痺れ・痛みなど末梢神経の障害や、ときには聴力障害やうっ血性心不全が発症する場合もある。
(※2010年7月、アレルギー予防のためのステロイド剤など、前処置を必要としないパクリタキセル注射剤が承認された)

リポソーマルドキソルビシン

概要
2009年、再発卵巣癌が追加適応として承認された抗がん剤。リポソームという超微小カプセルに「ドキソルビシン」が閉じ込められており、マクロファージ(外敵侵入に備える白血球)に捕まることなく、癌組織の血管へ浸入する。癌組織の中で徐々に放出されるので、作用する時間が長く、脱毛や骨髄抑制、心毒性など主な副作用に関しても軽減された。

主な副作用
口内炎・骨髄抑制・心筋障害・手足症候群、肝機能障害・肺塞栓症・間質性肺疾患などが挙げられる。

抗がん剤のつらい副作用で悩むより、負担の少ない卵巣癌治療を

卵巣癌は女性特有の癌です。抗がん剤を使った治療では、個人差があるものの必ず副作用が発症してしまいます。吐き気や嘔吐といった副作用もそうですが、女性が特に気にしてしまうのは副作用による脱毛ではないでしょうか。卵巣癌は、他の部位の癌と比べて発症年齢が低いのが特徴です。薬の影響で髪が抜けてしまうというのは、若い女性にとって非常につらい副作用と言えます。

そんな抗がん剤治療で悩んでいる女性におすすめしたいのが、副作用がほとんどない新しい治療法です。今までの癌治療は外科治療や抗がん剤治療、放射線治療が一般的でした。しかし、今では遺伝子治療や免疫療法といった副作用の少ない治療法が注目を集めています。また、抗がん剤に漢方薬を合わせれば副作用が軽減できるかもしれません。次のページで詳しく紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

副作用の少ない癌治療方法をチェックしてみる>>