放射線治療

ここでは、がんの治療に用いられる放射線治療について解説しています。放射線治療の特徴や種類、治療期間や副作用についても紹介していますよ。

放射線治療とは

放射線治療とは、放射線を体外・体内から病巣に照射することでがん細胞にダメージを与えたり小さくしたりする治療法です。

エックス線やガンマ線、電子線といった放射線を使用してがんを効果的に治療でき、手術とは違って臓器を取り除くことなくがん治療を行なえるのが特徴。放射線治療だけでの治療も可能ですが、病気の症状に応じて薬物療法や手術などと組み合わせた治療を行なうことも可能です。手術との組み合わせでは手術の前後で放射線治療を行ない再発を防いだり、手術中に放射線を照射したりする場合もあります。

放射線治療は病気を治癒させるだけでなく、症状の改善効果も期待できる治療法。転移したがんによって発症した痛みを緩和させる効果も期待できます。身体にメスを入れることがないため体に負担が少なく、照射中に痛みを感じることもありません。

放射線治療の種類

放射線治療は「外部照射」と「内部照射」の2つの治療法に分けられます。

外部照射

外部照射とは、身体の外側から体内のがん病巣に放射線を当て治療を行なう方法のこと。放射線治療では外部照射が一般的とされています。そんな外部照射にはさまざまな治療法があります。

定位放射線治療

病巣に向け、多方向から集中的に放射線を照射する治療法。通常の放射線治療と比べて、周りの正常な組織に当たる線量を可能な限り減少させることができます。痛みなどはなく、手術が難しいとされる部位にも照射することが可能です。

術中照射治療

通常の放射線治療で治療が難しいがんに対して、手術中に病巣の患部を露出し放射線を当てる治療法。切除手術を施したあと、がん細胞が残っている可能性がある箇所にがん細胞だけに絞って放射線を照射することが可能です。

強度変調放射線治療

強度変調放射線治療は、周りにある正常な組織への放射線量を抑え、がん病巣に放射線を集中させる治療法です。マルチリーフコリメータという照射範囲を調整する装置を使用し、がんの形状に合わせて多方面から集中的に放射線を照射します。

内部照射

放射線が出る物質を体内に入れて、身体の内側から放射線を当てる治療方法。がん細胞にピンポイントで放射線を照射できるので、周りの正常な組織に当たる放射線の量が少なくすむのが特徴です。

また、内部照射には組織内照射と腔内照射の2つの方法があります。組織内照射は放射線の発生源を針やワイヤー、管といった形状の容器に密封し腫瘍組織のなかに入れ、内部から放射線を当てる治療法。一方の腔内照射は、子宮や気管、食道などの腔内にカテーテルなどの管を通して放射線源を入れ治療を行なう治療法です。組織内照射は舌がんや口腔がん、乳がん、前立腺がんなど。腔内照射法は食道がんや肺がん、子宮頸がんなどの治療で行なわれます。

治療の期間と通院

放射線治療の場合、外部照射と内部照射では治療の期間が異なります。

外部照射の場合

外部照射の場合、1回の治療にかかる時間は数分程度。治療の期間はがんの種類によって異なりますが、通常だと大体1日1回、1週間に5日の治療を数週間にかけて行なっていきます。身体への負担が少ないため、ほとんど入院がいらず、通院で治療が行なわれることが多いようです。

内部照射の場合

内部照射の場合、がんのある場所や性質によって治療の進め方が変わってきます。また、放射線の強さにより、数分の治療を数回かけて繰り返し行う場合や、24時間~8日にかけて治療を行なう場合があるようです。

どんな副作用が起きる?

病巣を集中的に治療できる放射線治療ですが、がん病巣の周りにも放射線が当たってしまうこともあり、正常な細胞を傷つけて副作用が出てしまう場合があります。では、どのような副作用があるのでしょうか。

放射線治療には、治療中や治療直後(急性期)と、治療を受けて半年~数年経ったあと(晩期)の2つの時期に、さまざまな副作用が起きる可能性があります。

急性期の副作用

急性期の副作用としては治療中の食欲不振やだるさ、貧血などが挙げられます。放射線を照射した部分の皮膚に赤みやかゆみが出たり、乾燥したりなどといった症状が出る場合もあるようです。

また、放射線治療を受けた部位によって違った副作用が起きる可能性も。頭部ではめまいや頭痛、脱毛など、腹部の治療では吐き気や嘔吐といった症状が出る場合が多くあります。

晩期の副作用

晩期の副作用になると、脳神経や脳の障害で難聴や脳障害、顔面神経麻痺などを引き起こす可能性があります。乳房や胸壁の治療では乳房が固くなったり、口腔の治療では唾液腺の働きが下がり、口が渇いてしまったりといった副作用や後遺症があらわれる可能性もあるようです。

治療を受ける前にどのような副作用があるのか医師に確認したうえで治療を受けることをおすすめします。

最近では副作用の少ない治療法も出てきています。これから治療を考えている方は副作用の少ないがん治療を検討し、症状やライフスタイルに合った治療法を選びましょう。

副作用の少ないがん治療を見てみる>>