手術療法

がん治療の代表的な治療法である手術療法。ではどのような治療を行なうのでしょうか。ここでは手術療法の特徴や種類などを解説します。

手術療法とは

手術療法とは、メスを用いてがんの病巣を切除する治療法です。血液のがんを除いた大半のがん治療に対して行うことができます。

手術療法ではがん病巣を取り残さないよう、転移を想定してがんの組織周りにある正常な組織も含めて切除。がん細胞をすべて切除できれば完全に治すことができるとされている治療法で、ほかの部位への転移がない場合、最も有効的な治療法とされています。さらに、部分的にがんを切除し治療効果を高めるために化学療法や放射線療法と組み合わせて治療を行なう場合もあるようです。

近年の手術療法

お腹や胸をメスで切り開いて治療する方法が浮かぶ手術療法。身体への負担が大きいのがデメリットとされていました。しかし、近年では技術や手術器具の進歩によって、お腹や胸を切り開くことなく内視鏡を用いたがん治療が行なわれるようになりました。

本来身体の内部の状態を調べるために用いられる内視鏡ですが、身体への負担が少ないことから手術でも使用されるようになったのです。ほかにも、通常より切除範囲を最低限に抑え負担を小さくする縮小手術なども行なわれています。

手術療法の種類

目的で分けると大きく2種類

がんの手術療法は、「根治手術」と「姑息手術」の2つの目的に応じて分けられます。

根治手術

根治手術とは、疾患を完全に治すことを目的とした手術のことです。がん治療の場合、がんの病巣だけでなく周りにある転移の可能性がある正常な組織も含めて切除。広範囲を切除することで極めて小さながん細胞も取り除くことができ、再発を防止することができます。

姑息手術

姑息手術は、疾患の完治を目的とする根治手術とは異なり、症状緩和に重点を置いた手術のことを指します。がん細胞をすべて取り除くことが難しい場合には、手術でがんの病巣を小さくして、化学療法や放射線療法などのほかの治療法を併用しながらがん治療を行なっていきます。

手術範囲で分けると3種類

さらに、手術療法は切り取る範囲により「定型手術」「拡大手術」「縮小手術」の3つに大別されます。

定型手術

定型手術とは、がんを治すことを目的とした、一般的に行なわれる手術のことです。がんの進行具合や部位によって基本的な手術法が設定されているため、どの医療機関で手術を受けても平均的な治療効果を受けることができます。

拡大手術

基本的に中期以降の進行がんに行なわれる拡大手術。がんの再発を防止し根治する確率を高くするために、定型手術より広い範囲を切除するのが特徴です。しかし、切除範囲を広くすることで、身体の負担が大きくなってしまうことが懸念されています。

縮小手術

縮小手術は早期がんに行なわれることが多い手術で、ほかの手術法よりも切除する範囲が小さいのが特徴です。範囲が小さいぶん身体への負担も少なく、臓器の機能を温存できるのがメリットですが、術後にがん細胞が残っている場合再発や転移の可能性が高くなります。

ほかにも、できるだけ臓器の機能を温存してがんを根治させる「機能温存術」や、手術で切り取った器官や臓器を再生させる「再建手術」などの手術療法も。がんの進行度や部位によって治療法が選択されます。

手術療法の限界と集学的治療

手術療法はうまくいけば完治の可能性が高い治療法ではありますが、肉眼では見えないがん細胞を取りきれず、手術後に再発することも。また、がん細胞がリンパや血液にのって肺や肝臓、脳、骨などに転移して再発する場合もあります。実際がん研究会が公開したデータによると、胃がん患者100人のうち、約70%が完治、残り30%近くの人が手術療法後に再発したという結果に。

手術で取ることができなかった病巣をどのように治療していくかが課題となる手術療法。現在では、手術後に化学療法や放射線療法などを組み合わせて治療する集学的治療を行なうのが一般的です。

手術療法はほかの治療法に比べて副作用は少ないですが、ほかの治療法を併用して治療する場合副作用が起きるリスクが高くなる恐れも。近年では副作用の少ない新しい治療法が出てきているため、治療法を検討する場合は身体に負担の少ない治療法を見つけ、医師とよく相談したうえで治療をはじめるようにしましょう。

副作用の少ないがん治療を見てみる>>