がんのクリニック

がんのクリニックのがん治療について説明します。

クリニックで行っている治療法の特徴

●免疫細胞療法

こちらのクリニックで行っている免疫細胞療法は、特にがん細胞を殺傷する能力の高いナチュラルキラー細胞(NK細胞)を培養して体内へ戻す高活性化NK細胞療法をメインとしています。

NK細胞は単独でがん細胞を攻撃することができる強力な免疫細胞ですが、腫瘍が発生していると健康な人と比べて、NK細胞が上手く働いていないことが多いそう。そこで、患者さんの血液からNK細胞を取り出して活性化させながら培養し、点滴で再び体内へ戻す治療を行うのです。

さらに、がん細胞へ対抗する免疫力や正確な攻撃性を向上させる樹状細胞療法を、NK細胞療法と一緒に行うことで治療効果がさらに高まります。

がんのクリニックの特徴

『がんのクリニック』は、高活性化NK細胞療法を中心とした免疫療法や温熱療法などを行っている、がん治療専門クリニック。東京の池袋に開院しているほか、横浜や大阪、岡山でも系列のクリニックを持ち、同様の治療を行っています。

治療は、NK細胞療法や樹状細胞療法、アルファ・ベータT細胞療法などの免疫療法をメインに、遺伝子治療や自家がんワクチン療法など、さまざまな種類の治療法から患者さんの希望や体調、病状に合わせて選択できます。免疫療法の効果を高める温熱治療や高周波治療なども行っており、すべて自由診療となります。

クリニックの基本情報

クリニック名 がんのクリニック
所在地 東京都豊島区南池袋1-25-11 第15野萩ビル7階(池袋クリニック)
診療内容 免疫療法(高活性化NK細胞療法、樹状細胞療法など)
がん遺伝子治療
自律神経免疫療法
温熱療法
インディバ療法
超高濃度ビタミンC点滴療法 など
診療時間 月~土/10時~18時
休診日 日曜・祝日
アクセス JR池袋駅東口43番出口から徒歩6分ほど
院長 甲 陽平医師
院長の経歴

京都大学薬学部、京都府立医科大学医学部卒。

東京女子医科大学病院心臓血圧研究所循環器外科入局、山梨県立中央病院、NTT東日本関東病院などを経て、2010年に池袋がんクリニック開院。