コンフォート病院

このページでは、コンフォート病院が行っているがん治療の情報をまとめています。

クリニックで行っている治療法の特徴

●がん遺伝子治療
●がんカテーテル治療

こちらで行っているがん治療は、病巣部に対して少量の抗がん剤を局部的に投与するカテーテル治療と、がん抑制遺伝子を含む製剤を投与する遺伝子治療です。

最新技術を利用した遺伝子治療は、p53やp16、PTENといったがん抑制遺伝子と、CDC6shRNAというたんぱく質を組み合わせた遺伝子製剤を患者さんの体調に合わせて投与します。さらに、カテーテルによる抗がん剤治療や放射線治療も併用して進める場合もあるそうです。がんカテーテル治療は保険適用、がん遺伝子治療は自由診療となります。

コンフォート病院の特徴

横浜にある『コンフォート病院』は、神奈川県や千葉県、北海道札幌市などに9つの関連クリニックを持ち、一般内科とがん治療を行っている病院です。院長は放射線科が専門なだけあって、高い技術を持つ的確な画像診断や放射線治療に定評があります。人間ドックや定期検診での早期診断にも力を入れ、予防医学を提唱していますし、保険適用内で行える抗がん剤のカテーテル治療なども取り入れています。

最近は、自由診療でがんの遺伝子治療も行っていて、患者さんの病状を見ながら放射線治療などの標準治療と遺伝子治療とを組み合わせた治療法の提案をしています。

クリニックの基本情報

クリニック名 コンフォート病院
所在地 神奈川県横浜市西区平沼2-8-25
診療内容 一般診療(内科・放射線科・消化器内科)
特殊専門外来(がんカテーテル治療、がん遺伝子治療)
診療時間 火~土曜・隔週日曜/9時30分~12時、15時~17時
休診日 隔週日曜・月曜・祝日
アクセス 相鉄線:平沼橋駅より徒歩1分
京急線:戸部駅より徒歩4分
院長 後藤康之医師
院長の経歴

東京医科大学卒。

東京医科大学麻酔科、武蔵野赤十字病院放射線科、新東京病院放射線科などを経て、コンフォート病院診療部長、平成24年より院長に就任。

日本放射線学会専門医。