東京MITクリニック

東京MITクリニックのがん治療について、詳しく説明していきます。

クリニックで行っている治療法の特徴

●APT分子免疫治療

こちらのクリニックでは宇野院長が長年研究している、自己リンパ球やミトコンドリアを活性化させて免疫力をアップさせる治療法を採用しています。

APT分子免疫治療は、がん細胞に目印となる抗原を発現させて、免疫細胞が攻撃しやすくするがんペプチド誘導治療を行います。さらに、がん細胞を攻撃するリンパ球を回復させて強化させるサイトカイン誘導治療を行い、がん細胞の自死(アポトーシス)をコントロールするミトコンドリアを強化して腫瘍を消滅させる、という3ステップの治療法です。

治療に入る前に、検査システム「がん高度精密血液検査システム・リスクチェッカー」を利用して、がん細胞の種類や悪性度、がん細胞に対抗する免疫機能の状態を詳細に調べます。

東京MITクリニックの特徴

JR東京駅にも近く、アクセス抜群の『東京MITクリニック』は、遠方からも患者さんが多く訪れる、がん免疫治療の専門クリニック。同じビルにある『アスゲンがんクリニック』でも同様の治療を行っています。

腫瘍免疫学や血液内科といった、がんの免疫治療専門の医師が治療を担当。まずは血液検査でがん細胞の性質や種類を特定し、APT分子免疫治療をメインとした、様々な選択肢の中から患者さんに適合する治療法を選んで提案します。治療はすべて保険外の高度免疫治療となり、治療費用はすべて自費となります。

クリニックの基本情報

クリニック名 東京MITクリニック
所在地 東京都中央区八重洲2-5-6 KBYビル3F
診療内容 APT分子免疫治療
がんペプチド誘導治療
サイトカイン誘導治療 など
診療時間 月~金曜/午前10:00~12:00・午後13:00~17:00
休診日 土・日・祝日
アクセス JR東京駅八重洲南口より徒歩5分
東京メトロ銀座線京橋駅7番出口より徒歩5分
院長 宇野克明医師
院長の経歴

東海大学医学部卒。

東京女子医科大学第一外科、杏林大学第一外科・免疫斑などを経て、東海大学医学部・基礎系生体構造機能学教室非常勤講師、ハルピン医科大学名誉教授などに就任。

2012年東京MITクリニックを開設。長年に渡って免疫の研究を重ね、免疫学的に腫瘍のアポトーシスを誘導する新素材やがん免疫検査システムなどを開発に携わる。