セレンクリニック

セレンクリニックのがん治療について紹介します。

クリニックで行っている治療法の特徴

●免疫療法

『セレンクリニック東京』で行っている免疫療法は、樹状細胞を培養したワクチンを投与する樹状細胞ワクチン療法。

この治療法は、まず患者さんの血液から取り出した樹状細胞の元となる単球を培養して樹状細胞を作り、がんの目印となる抗原を付けて強化型の樹状細胞とします。目印を持ったがん細胞を攻撃する司令塔となるよう教育された樹状細胞を再び体内に投与することで、がん細胞に対する免疫力を上げよう、という治療法です。

最新技術によって作られたWT1ペプチドというがん抗原をベースに、患者さん個人のがんに合わせてワクチンを作っているので、高い治療効果が期待できます。

セレンクリニック東京の特徴

『セレンクリニック東京』は、有楽町駅の目の前にあるがんの免疫療法専門クリニックです。WT1という人工のがん抗原をベースとした樹状細胞ワクチンを投与する免疫療法に定評があります。

抗がん剤などの標準治療と上手く組み合わせて治療を進め、さらに分子整合栄養医学の観点から、食生活やサプリメントでの栄養指導なども行っています。

有楽町のクリニックのほか、名古屋や神戸、福岡にも系列クリニックがあり、同じ治療が受けられます。

クリニックの基本情報

クリニック名 セレンクリニック東京
所在地 東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア オフィスタワー11階
診療内容 がん免疫療法
樹状細胞ワクチン療法 など
診療時間 火~土曜10時~17時
※完全予約制
休診日 月曜・日曜・祝日
アクセス 東京メトロ有楽町線有楽町駅や、JR有楽町駅からすぐ
院長 森田祐二医師
院長の経歴

東京医科大学卒。札幌医大、国立がん研究センター等で臨床・研究を経て、セレンクリニック東京院長。

東京医科大学兼任講師、同志社大学生命医科学研究科研究員。がんの免疫療法と抗加齢医療の臨床に従事する。