HOME » 抗がん剤とはどんなお薬か

抗がん剤とはどんなお薬か

がん治療に活躍する抗がん剤

がんの三大療法である化学療法は、抗がん剤を用いる治療方法です。そんな抗がん剤について紹介します。

抗がん剤とは何か

抗がん剤とは、がん細胞の増殖を抑えることのできるお薬です。

点滴、もしくは注射などで投薬を行い体全体に行き渡らせて、がん細胞の成長に必要な物質の働きを抑えたり、逆に働きを活性化してがん細胞を増殖させずに死滅させたりすることができます。

また、抗がん剤を用いることで、進行を遅らせながら病巣を直接取り除くことも可能です。

抗がん剤には様々な種類があるため、がんの種類や治療目的によってどれを選択するかが変わってきます。

抗がん剤には、「抗がん剤を全身に行き渡らせることで、発見しにくい増殖中のがん細胞もしっかりと攻撃できる」というメリットがあります。

気になる治療費ですが、抗がん剤は基本的に“保険適用されている種類”を使用するため、負担額は3割程度です。しかし、厚生労働省未承認の“新薬”を使用する場合は全額負担となります。

主な抗がん剤の種類

抗がん剤は様々な種類があり、がんに種類や治療目的によって使用する抗がん剤は変わります。大きく分けると「殺細胞性(さつさいぼうせい)抗がん剤」と「分子標的薬(ぶんしひょうてきやく)」に分けらます。

抗がん剤使用時の注意点

抗がん剤のデメリットとして最も有名なのが、副作用でしょう。よく、テレビなどで「抗がん剤の副作用として、頭髪が抜け落ちてしまう」といった紹介を目にしたことがあると思います。あれは、抗がん剤の副作用のひとつであり、他にも、味覚障害や腹痛、しびれ、吐き気といった様々な副作用があります。

副作用の現れ方は、抗がん剤の種類やや患者の体質・体力によって異なります。ですから、抗がん剤の副作用は、“抗がん剤が、がん細胞のみならず健康な細胞にも危害を加えてしまうこと”もあるでしょう。結果的に、がん治療に必要な存在である一方、患者に負担を与えてしまう諸刃の剣でもあるわけです。

抗がん剤はがん治療で活躍してくれる大事な存在ですがその反面、副作用という大きなリスクを抱えていることも事実です。

抗がん剤による化学療法を受ける前に、化学療法についてできるだけ理解を深めておきましょう。抗がん剤について深く知ることで治療に対する恐怖心や疑問点が解消でき、より適切な治療を受けることに繋がります。