抗がん剤の副作用を知るサイト » 抗がん剤とはどんなお薬か » 抗がん剤カルボプラチンの解説

抗がん剤カルボプラチンの解説

カルボプラチンはどのような抗がん剤なのか?

カルボプラチンは貴金属で知られるプラチナ白金に、アンモニアや塩素などを結合させた抗がん剤です。DNAを合成する塩基に結合することで、。両者の間に橋を架けDNAのコピーを阻害し、がん細胞の増殖を抑制する作用があります。腎毒性や吐き気・嘔吐、難聴といった副作用は軽減しています。

どんな癌に処方される抗がん剤か?

カルボプラチンが適応となるがんの種類は以下の通りです。ただし場合によっては異なるため、医師に確認してください。

適当されるがんの主な種類

  • 卵巣がん
  • 肺がん
  • 悪性リンパ腫
  • 乳がん
  • 子宮頸がん
  • 頭頸部がん
  • 精巣腫瘍
  • 睾丸腫瘍
  • 小児固形腫瘍(神経芽腫、網膜芽腫、肝芽腫、中枢神経系胚細胞腫瘍、ユーイング肉腫ファミリー腫瘍、腎芽腫)

など

気になる副作用や注意するべき点は?

カルボプラチンを使用する場合の副作用や注意事項について調べてまとめました。ガンの種類や病状によってその効果や副作用は異なりますので事前によく知っておきましょう。

カルボプラチンの副作用

カルボプラチンの主な副作用は悪心、嘔吐、食欲不振、蕁麻疹、脱毛、全身倦怠感、発熱、下痢、口内炎、腹痛、便秘 などです。副作用は随分軽減している薬剤です。しかし体質によっては重篤な副作用もあるため、体調の変化には注意してください。

カルボプラチンの重大な副作用

急な体調の変化を感じたり、いつもと違う自覚症状が出た場合、速やかに医師、薬剤師に伝えましょう。

汎血球減少

自覚症状

青あざができやすい、歯ぐきや鼻の粘膜からの出血、発熱、疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、尿が赤い、寒気などです。

骨髄抑制

自覚症状

発熱、寒気がする、のどが痛む、口の中に白い斑点ができる、手足に赤い点または赤いあざができる、出血しやすい、水のような下痢、腹痛、口内炎、通常の生活をしていてだるさが続く、ちょっとした階段や坂で動悸や息切れを感じる、顔色が悪いなどです。

ショック、アナフィラキシー

自覚症状

皮膚のかゆみ、蕁麻疹、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、目と口唇のまわりの腫れ、息苦しさ、動悸、ほてり、意識の混濁などです。

間質性肺炎

自覚症状

階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空咳が出る、発熱などです。

急性腎不全

自覚症状

尿量が減る、ほとんど尿が出ない、一時的に尿量が多くなる、発疹、むくみ、体がだるいなどです。

ファンコニー症候群

自覚症状

大きく深い呼吸、手のふるえ、筋力の減退、意識を失って深く眠りこむなどです。

肝不全

自覚症状

からだがだるくなる、発熱(38℃以上)、皮膚や白目が黄色くなる、食欲がなくなる、吐き気、嘔吐、腹痛、発疹、かゆみ、意識の低下、判断力の低下、考えがまとまらない、いつもお腹が張っているなどです。

カルボプラチン服用の注意点

骨髄抑制や腎障害や肝障害、感染症などに罹患している人は、とくに注意が必要になってきます。また長期間服用している人も注意しましょう。妊娠や授乳にも注意が必要とされており、カルボプラチンを服用している間は、避妊を行ってください。