HOME » 抗がん剤とはどんなお薬か » 急な下痢の対処法~抗がん剤の副作用対策~

急な下痢の対処法~抗がん剤の副作用対策~

副作用の下痢について

抗がん剤の副作用の一つである下痢は、日常生活に様々な不便をもたらします。下痢による腹痛を始め、トイレの頻度が増えることの苦痛や体力の低下は、がん治療において様々なデメリットをもたらします。

下痢の症状は、抗がん剤治療が終われば自ずと回復しますが、治療中に下痢の副作用が出ても大丈夫なように対策を練る必要があります。

下痢を起こしやすい抗がん剤一覧

なぜ抗がん剤を飲むと下痢になるのか。それは、抗がん剤によって腸管内の副交感神経が刺激されるか、もしくは刺激によって腸管内の活動が活発になりすぎてしまい、その影響で粘膜が損傷を受けてしまうかのどちらかが原因です。前者の場合は短期間で治る可能性がありますが、後者に発展した場合は傷ついた箇所から細菌が入り込み、腸炎を起こす可能性が高くなります。そのため、後者の場合は一旦治療を中断しなければなりません。

下痢を起こしやすい抗がん剤の薬品名

  • イリノテカン(代謝拮抗薬。激しい嘔吐感と下痢が特徴)
  • シタラビン(代謝拮抗薬。他の抗がん剤と併用することが多いので他の副作用が出る可能性もあり)
  • メトトレキサート(代謝拮抗薬。メトトレキセートとも表記。投薬10日目以降から発生する可能性あり)
  • など

イリノテカンは特に発生しやすい

上記でも紹介した抗がん剤のイリノテカンは、特に下痢の副作用が出やすいとして知られています。イリノテカンによって発生する下痢の副作用は二種類あり、服用して24時間以内に発生する早発性の下痢と、それ以降によって発生する遅発性の下痢があります。よって、他の抗がん剤よりも下痢の頻度が増えてしまうので注意しましょう。

対策方法

もし、抗がん剤の副作用で下痢が発生したときのことを考え、予め対策方法を覚えておきましょう。
ここでは、そんな対策方法を紹介します。

腹部の圧迫を避ける

お腹を圧迫させてしまうと、腸内の刺激が強まり、余計に下痢になりやすくなります。なるべくゆったりとした衣服を着込み、ベルトも少し緩めにしておきましょう。

水分を摂る

下痢で怖いのが脱水症状です。脱水症状は体の抵抗力を弱めてしまうため、水分はこまめに摂りましょう。飲み物は冷たいお水よりもスポーツ飲料の方が水分を吸収しやすくなる他、体に必要な栄養を取り込みやすくなります。

お腹を冷やさない

下痢をしている時は、お腹を冷やす行為はもちろん禁止です。上記したスポーツドリンクもできるだけ少しぬるめのものを飲んだ方が好ましいです。

なるべくトイレの近くにいる

下痢でお腹が痛くなってもすぐにトイレに行けるように、治療期間中はトイレ付近にいることが好ましいです。また、トイレにはウォッシュレット機能がついている方が肛門周りを綺麗に洗えるため炎症を起こしにくくなります。

薬をもらう

最も安全なのが、整腸剤などのお薬を処方してもらうことです。しかし、これは軽い下痢の症状の場合であり、1日に5回以上激しい下痢が続く場合はまずお医者さんに相談し、検査してもらいましょう。